メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2020 1月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
カテゴリ一覧

ブログ - 人づくりとは?

人づくりとは?

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2020/1/3 17:39
人づくりとは?、人づくりと禅③


 人づくりというのは、相対樹であるサイエンス(知)も感性(慧)も、両方相俟ってのものになるのですが、戦後から現在に至るまでの日本の人材教育の中で非常に弱いのが絶対樹の方です。
 私は、この絶対樹のほうを育てることを、「肚ずくり」と表現しています。
 人づくりは知性の教育と感性すなわち肚づくりと両方で成り立ちますが、今現在、肚づくりのほうは国をあげて充実していく必要があるように私は思っています。
 実際、現状を案じて学校教育に関わる一部の人たちですが、心の教育としてこの絶対樹の充実を模索する動きもでてきています。
 精神的に強い風土がかつての日本の特徴でしたが、第二次大戦後は相対樹に偏重して、絶対樹(人格・感性・肚づくり)が貧弱になりました。

第二次世界大戦後から現在まで、知識偏重のいわゆる頭づくりに終始して肚づくり教育はほとんどできていません。

 

ではどうすれば絶対樹の充実が叶うのか?。

それは感性の涵養(かんよう)・心の教育・人間形成ということになり、そのためには実践行為としての集中・三昧行が必要になります。

人間形成(肚づくり)をひとことで言えば「三昧を身に着けること」なのです。

「三昧が身につく」と、私(ちっぽけなショウガー小我・エゴ)が空ぜられ、大我(本当の自分)が確立し、人間力が付いて個性が発揮されるとともに、よい仕事ができ、正しく、仲の良い地域社会づくりに貢献できる人となれるというものです。


丸川雄浄・葆光庵丸川春潭「人づくり肚づくりと禅-第1章「相対樹と絶対樹」から「人づくり・肚づくり」を読み解く」より 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (134)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://nagoya.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1915