メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
カテゴリ一覧

ブログ - 201910のエントリ

 

虚堂和尚の偈頌「聴雪」
   大徳寺の開山大燈国師(宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)1282  

1337)は大応国師(南浦紹(なんぽしょう)(みょう)12351308)の法嗣であるが、その大応国師の師匠は南宋末の傑僧(けっそう)虚堂(きどう)智愚(ちぐ)(11851269)、「破れ虚堂(やぶれきどう)」という名墨蹟(めいぼくせき)でも知られる虚堂和尚である。

この虚堂は禅僧として卓絶していたばかりでなく、詩文の才も抜群で、禅旨を含蓄し禅者の境涯を反映した詩、   大徳寺の開山大燈国師(宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)1282-いわゆる偈頌(げじゅ)を数多く作り、しかもそれには絶唱というべきものが多い。

その虚堂の偈頌の一つに「聴雪」と題した、

 

寒夜無風竹有声   寒夜(かんや)(かぜ)()く (たけ)(こえ)()

疎々密々透松櫺   疎々(そそ)密々(みつみつ) 松櫺(しょうれい)(とお)

耳聞不似心聞好   耳聞(にもん)()かず 心聞(しんもん)()きに

歇却燈前半巻経   歇却(けっきゃく)す 燈前(とうぜん)半巻(はんかん)(きょう)

 


 阿賀の雪景色―ふれあいブログクラブより

というのがある。

「耳聞は似かず 心聞の好きに」あるいは「耳聞は心聞の好きに似かず」という七字一行は、これから出ているのであろう。
(芳賀洞然著「一行物―耳聞不似心聞好」より)

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (41)


 
知多禅会参禅会のお知らせ
 
1117日〜18 
 
会場;愛知県南知多町内海 大宝寺もくれん会館
 
師家 葆光庵丸川春潭老師
 
主な日程;1117日】16:00〜静坐

17:00〜参禅   17:30〜静坐

18:30〜参禅   19:00〜法話(大宝寺吉井住職)

20:00頃 夕食&ミニ懇親会

1118日】    5:00 起床

5:30〜静坐      6:30〜参禅

10:30〜静坐     11:30〜参禅

12:00頃 円了(終了)  昼食懇親会

お問合せ先
090-9905-3478(河口)
ML
ホームページ: https://www.freeml.com/horado-zen-clu

https://ad.atown.jp/adserver/cp?sid=85f37&did=6d1a&emid=&u1


11月17日、南知多参禅会のお知らせ 11月17日、南知多参禅会のお知らせ

 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (17)

宇和島、松幸農園だより

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2019/10/28 22:37

   松幸農園のみかんをお届けいたします   

                                                        (元年産)

秋、女性の笑い声が響き、トラックが行きかい、みかん山が急に活気づいてきました。

たわわに実ったみかんを前にすると、これまでの苦労が喜びに代わります。

黄色く色付いたみかんを一つ一つ鋏で摘み、採収籠に入れます。重く折れんばかり垂れ下がっていた枝はスーと上に跳ね上がります。

これから1年の総仕上げです。体調管理を万全にして、息を抜かずゴールを目指し頑張ります。                               

 松下清風  拝

           



  (注1家庭選果時に数量がまとまり次第対応しますが、今年は少ないのでお問い合わせください。

(注2)リンゴ等とポリ袋に入れ5日程エチレンを吸わせた後冷蔵庫で保管し、必要量だけ順次取り出し室温で柔らかくなるまで追熟します。長く楽しめます。追熟手引書を同封します。

 

ご注文:別紙注文様式に、品名・数量・配達希望日時を明記し、送り先及び送り主の住所・氏名・電話

番号(必須)FAXまたはEMailでご連絡下さい(電話での申し込は朝か夜に、昼間は山にいます)。

 配達希望日時にお届けできるよう発送、お申し込みは少なくとも3日前にはお願いします

 

支払い: 郵便振替または 伊予銀行吉田支店 普通1178023 口座名 松下丈権(タケノリ)

     郵便振替口座は「01660-9-26026 松幸農園」

     (後払い希望):箱の中に、郵便振替用紙(手数料無料)をいれておきます。

配送費: 10㌔箱/円〕北海道1600 東北1320 関東甲信越1100 北陸中部東海990 近畿中国940  九州990 四国880 沖縄1520

         松幸農園

7993752 愛媛県宇和島市吉田町河内甲632番地(松下清風)

TEL/FAX,0895-52-1499    Email: paintree414@mb.pikara.ne.jp

    (携帯)090 3069 9953
 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (20)

道はここにある・剣禅一味

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2019/10/26 11:31

道はここにある!心に響く剣禅話
日時 令和元年 11 22 日(金) 剣禅一味 小川忠太郎先生の境涯を学ぶ会
午後 8:00 開始(7:45 受付)~ 9:00 終了予定
東京で夜一番遅い座禅会の前に、剣道と禅によって人間形成の道を説く小川先生の「直 心影流法定の形」に関する講話を味わう会。剣道未経験者も大歓迎です。 9:15 静坐 9:45 参禅 ふるってご参加ください
剣と禅の両輪で“まごころ”の井戸を掘り起こす。そうすると、人がそれを飲んでくれる。 (小川忠太郎先生語録より)  この語録からも察せられるように、小川忠太郎先生(剣道範士九段、警視庁名誉師範、人間禅 での称号:無得庵小川刀耕老居士)の言葉とお話は、剣道家だけに向けられたものではありませ ん。道を求めるすべての人、道に迷うすべての人に向かって放たれています。 本会は、その慈愛溢れる清話の一言一句を学び味わう会で、平成 22 年にスタートし今年で 10 年になりますが、先生の語録の宝は未だ沢山残っております。ふるってご参加下さい。
 毎回、古流の形( かた)直心影流法定(ほうじょう)
の形または小野派一刀流「切り落とし」の披露もあります。
 人間禅では、禅修行のさらなる充実に向けて「法定の 形」を取り入れています。“動く禅”といわれる呼吸法 が特徴の春夏秋冬4本の形は、この勉強会の土台となる ものであり、人間禅会員はもとより剣道未経験者にも、 ぜひその魅力に触れていただきたい迫力満点の形です。


道はここにある・剣禅一味道はここにある・剣禅一味
(写真:「法定の形」演武)


参加ご希望の方は下記申込み先までご連絡ください。
なお、73 回目を迎えた擇木禅セミナーは、金曜夜から土曜夕方まで一泊二日でさまざまな勉強 会と坐禅および正脈の師家への参禅の時間が組まれています。ご参加をお待ちしております。
東京都台東区谷中 7-10-10 人間禅擇 たく ぼく 禅道場(JR 日暮里駅南口徒歩3分) 電話/FAX:03-3823-7647 人間禅師家 葆光庵丸川春潭老師、人間禅師家・宏道会師範 千鈞庵佐瀬霞山老師
1,000 ※他の勉強会、禅フロンティアは別途参加費を申し受けます。
申込み先:幹事 張替剣外 携帯 090-6313-5131 E-mail kengai1372@yahoo.co.jp FAX 047-373-7561
用意するもの ・テキストは、こちらで準備します。
・静坐、参禅を希望される方は、ジャケット、長ズボンまたは長めのスカートを着用ください。
・当日夜に宿泊される方は、洗面用具、寝間着など(擇木禅道場は冷暖房・シャワー室完備)。

 

 

 

 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (40)

本当の精神の確立(二)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2019/10/24 11:22
ゆっくり立ち止まって考える・本当の精神の確立 
われわれは禅による人間形成の道を掲げ、在家禅者でありながら正脈の法を継承し、新しい世紀における人類の目指すべき指針ともいうべき「立教の主旨」を奉戴していますが、宗教界の中ではまだまだ弱小集団でしかありません。

しかし「まず足下の第一歩から」で、在家禅の修行を実社会での普段の生活の中にどう位置づけ、どう生きればよいのか、しっかりとブレない指針を以って当たらなければならないと考えます。

政治も経済も生活様式も、ますます目まぐるしく変化し、ゆっくりと立ち止まって考えることを許さない社会の中で、「ほんとうの精神の確立」をするためには、この日本の社会にどう働きかけたらいいかを、若い人たちを中心に日本社会へ示す必要があります。

難しい問題ですが、論議を巻き起こしつつとにかく先へ進む一歩を踏み出さねばなりません。

本書では、私の四十年にわたる住金時代の経験(技術開発・研究開発)と学生時代からの六十年になる在家禅の修行「人間形成の禅」の経験を総合して、人づくり・肚づくりについてつづってみたいと思います。

注)

「立教の主旨」;在家禅会として人間禅の基本理念を表す五項目。

一、人間禅は、自利利他の願輪を廻らして、本当の人生を味わいつつ、世界楽土の建設を目的とする

一、人間禅は、坐禅の修行によって、転迷開悟の実を挙げ、仏祖の慧命を永遠に進展せしめる。

一、人間禅は、人間禅は正しく、楽しく、仲よく、人間味の豊かな人人の家庭である。

一、人間禅は、禅本来の面目なる自由と平等とを尚び、各自の人格を尊重する。

一、人間禅は、神秘を語らず迷信を説かず、堂々と如是法を挙揚し、合掌して人間禅を宣布する。

 

人間禅第五世総裁丸川雄浄・葆光庵丸川春潭「人づくり肚づくりと禅-はじめに」より 

 

 
 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (47)

金鳥急に、玉兎速やかなり

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2019/10/22 15:57

金烏急玉兎速 

(金烏(きんう)(きゅう)に、玉兎(ぎょくと)(すみや)かなり)

   中国には古昔(こじゃく)から、太陽には三本足の(からす)が棲み、月には(うさぎ)が棲んでいるという伝説があった。それに基づいて、太陽を金烏、月を玉兎という別称が生まれた。ここにいう「金烏」は太陽・日を意味し、「玉兎」は月をさしている。したがって「金烏急玉兎速――金烏急に 玉兎速かなり」とは、「日月(じつげつ)の歩みは急速である、月日(つきひ)のたつのは速い」ということで、「光陰如箭――

光陰 ()の如し」あるいは「歳月不待人――歳月(さいげつ) 人を待たず」と同義である。また(ちぢ)めて「烏兎(うと)匆々(そうそう)」ということもある。

なお一般に「金烏急玉兎速」の出拠(しゅっきょ)は『碧巌録(へきがんろく)』の第十二の「洞山麻三(とうさんまさんぎん)

の則に添えた雪竇(せっちょう)重顕(じゅうけん)(じゅ)だとされている。雪竇の頌の冒頭にこの句のあることは確かであるが、しかしここでの雪竇の(はら)は「光陰匆々」にあるので

はなく、洞山(とうさん)守初(しゅそ)和尚の応対の急切迅速であることを(たた)えるのにあったこと

を、老婆心ながら申し添えておこう。禅者の解釈は、その時と場合によって、

さまざまであることを知っておく必要がある。

 (芳賀幸四郎著 新版一行物 ―禅語の茶掛― 下巻より)

                   


漢代の壁画。右が火烏(三足烏)

(注解)

碧巌録(へきがんろく):宋時代(1125年)に編集された中国の仏教書。

禅門第一の書といわれ、特に臨済宗において尊重される、代表的な公案集。碧巌集とも呼ばれる。

洞山守初(とうさん しゅそ:910-990):中国の禅僧。雲門禅師の法嗣。

「洞山麻三斤」:洞山和尚に一人の僧が問うた。「如何なるか是れ仏」

 山云く、「麻三斤」。

 雪竇重顕(せっちょう じゅうけん:980-1052):中国の北禅僧。

金烏玉兎(きんう ぎょくと):太陽と月。転じて、歳月。 

烏兎匆匆(うとそうそう):歳月のあわただしく過ぎ去るたとえ。

「匆匆」は手紙文の末尾に添える「早早」と同じ意味。

 頌(じゅ):偈():偈頌(げじゅ):仏徳を賛嘆し教理を述べたもの。また、

それに準じて、仏教の真理を詩の形で述べたもの。

  
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (44)

みえ四日市禅会秋の参禅会ご報告
 
R元年9/28()~29日()の会期で三重県津市久居新町10583、人間禅津久居道場 日本文化研修道場にて、人間禅師家金剛庵要道老師を拝請して、田中太玄禅会長、小川韶春副禅会長による坐り方、数息観の仕方とその効果、坐禅の効用、また今回は書道講座として、日本習字たいこう教室奥野蘭泉先生による子供達も参加しての、書道体験教室が開催されました。
親子3組と子供一人、三重大学学生一人が参加、10時に集合して、先ずは柔軟体操で股関節等柔らかくほぐし、坐禅を組んだ経験のない参加者に坐り方から指導、坐る時間も子供にあわせ10分からスタート。
 
/uploads/ckeditor/images/20191022144957image001.jpg/uploads/ckeditor/images/20191022144957image002.jpg
 

その後、子供たちは宿題や各自の課題を学習し、昼食。

昼食時は僧堂や人間禅伝統の作法通り、行持三昧で、布巾に包まれた食器一組を前に、食前の文、食畢の偈を見よう見まねで合掌、大声で唱える参加者。
しかし、残念ながら、慣れない子供達はカメラを向けるとお茶ら化()
午後、子供たちは、習字体験教室、大人は、坐禅、参禅体験となりました。

坐禅というと、この地方では、福井の曹洞宗本山の永平寺へお参りに行って、僧堂の拝観のついでに、僧侶の後方で十二、三分体験してきたとか、お寺の長男が住職の資格を取るために、一二年本山に籠るとかいう話が通例、最近はビデオや動画での通信教育もあるとか、特殊な修行のような風潮がありますが、人間禅は江戸後期、明治維新の時代の維新の三舟(親子鷹で有名な海軍初代大臣・勝海舟、槍の名手・高橋伊勢守泥舟、剣道無刀流開祖で在家の禅の会・鎌倉円覚寺管長今北洪川禅師を拝請して両忘会を創始した禅者・山岡鉄舟居士)と言われる維新の英傑に遡る、一般社会人のための、人間形成を図る坐禅の修行で、始めは大いに効果、効能を狙って数息観、坐禅、公案工夫・参禅などに勤しむのですが、行く末には世のため、世界のために大樹・蔭涼樹(おんりょうじゅ)になるという人を育てたいー成りたいと願っています。

大志をもつ、初心の方、大歓迎です!!

初一歩は、誰にでもできる、簡単な日常生活改善トレーニング、つまり、自分の呼吸を整え、数える、単純な行(ぎょう)、そして、集中して坐る、みんなで坐れば、三昧力向上は請け合いです、是非ご一緒に習慣の一つに取り入れてみませんか?


平日は水曜19:00~20:30、

日曜6時半~8時まで、週例静坐会を当道場で開催しています。
ご参加、お待ちしています
 
 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (36)

 

1113日から1117岐阜禅会第11回摂心会(本格坐禅体験会)

師家;葆光庵丸川春潭老師、副担当龍光庵蓑輪清稟老師

会場人間禅岐阜洞戸道場 岐阜県関市洞戸大野

会期中の主な行事


14船戸クリニック船戸崇史先生講演「断食の効用」

15クリニック副医院長船戸博子禅子主催「薬膳会」、

16名誉総裁老師講演AI時代こそ禅が生きる」


多くの皆様のご参加をお待ちしております

お問合せ;河村巌松(090-2772-7217

日課表

岐阜禅会、本格坐禅体験会日課


 
 

 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (38)

 

人間禅東海・熱海岳南道場の皆様へ
 
先の台風19号の被害に遭われた方々にお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになられた方々に心からご冥福を祈ります。一刻も早い回復をお祈りしています。
 
さて、1113日から1117まで、岐阜禅会第11摂心会(本格坐禅体験会)が、葆光庵丸川春潭老師、副担当龍光庵蓑輪清稟老師のご指導の下、人間禅岐阜洞戸道場にて開催されます。
14には船戸クリニック院長船戸崇史先生の講演「断食の効用」15には船戸博子禅子による「薬膳会」、16には名誉総裁老師の講演AI時代こそ禅が生きる」と盛りだくさんの内容となっております。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
参加をご希望される方は河村巌松(090-2772-7217までご連絡ください。


岐阜禅会長代行 河村巌松 
 
 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (56)

芭蕉と禅

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2019/10/19 11:55
 
さいたま禅会笠倉玉溪です。いつもお世話になっております。
台風が各地に甚大な被害を出していますが、皆様方のご自宅と道場はご無事だったろうかと案じております。
また日本中の被災された方々には、一日も早く安全で平穏な生活に戻れることとを心からお祈りし、お見舞いを申し上げます。さて、私どもさいたま禅会は、1115,16,17日の摂心会におきまして、仰月庵老師による「芭蕉と禅」の講演会を開催することにいたしました。老師は芭蕉の研究をされており、芭蕉が禅の嗣法者であったという点から、禅者ならではの視点で新しく更に深い芭蕉論を提起されています。
俳句にご興味のある方はぜひ擇木道場にお越しくださいませ。また東京近郊で俳句をご趣味にしておられるようなお知り合い等がいらっしゃいましたら、連絡先を教えて下さればこちらからチラシなどを郵送させていただきますので、どうぞご協力をお願いいたします。
 


 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (36)