メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 9月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
カテゴリ一覧

ブログ - 20190910のエントリ

円相(その四)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2019/9/10 21:27

 

円相(えんそう)その(四)
 「仏、一音を以て法を演説するに、衆生、類に随て各々解(げ)を得」

という句があり、「見る人の心々にまかせおきて高嶺にすめる秋の夜の月」という歌もある。円相の場合も同様で、見る人がこれを何と解釈し、これを何とみようと「心々にまかせて」よいようなものである。しかし、「是什麼(これなんぞ)」と賛のある円相を見て、銀行員がお金のことだと思い、饅頭屋が商売物の饅頭を想い浮かべ、酒飲みが盃を考え、競馬狂が穴馬を連想したという笑い話があるが、これではせっかくの円相もかたなしというものである。そこで多くの場合、円相には短い賛語を添えるのが普通であり、その賛語によって、円相の意味内容が微妙に変わってくるものである。次に若干の例を挙げておこう。

円相(その四)20代目柴田勘十郎画(ウィキぺディアより)

 

 
 

 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13)