メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 9月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
カテゴリ一覧

ブログ - 201909のエントリ

千葉の台風禍に思う

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2019/9/27 2:50

千葉台風2週間 停電・断水//////に思う

 

 台風15号による千葉県の被害は23日で発生から2週間。停電はピーク時の約64万戸から減少したものの、22日午後6時現在、なお約2800戸で続き、懐中電灯やろうそくが頼りの不自由な生活を強いられている。台風17号の北上に備え、壊れた屋根をブルーシートで覆う人々の姿も。終わりの見えない災害に被災地の住民からは失望と憤りの声が聞かれた。
台風15号から二週間、千葉・房総地区の停電・断水もう限界の悲鳴がスマホから飛び出している。
今回の台風で房総地区のある地域は27日まで停電だという東電の錯乱した挙句の混乱した予報。千葉県当局のドタバタ。原因は国の山村、電力事業の偏向政策などにも起因するのであろうが、この件で思い出されるのは、人間禅旧阪神支部の創業者高橋芦舟大先輩。
芦舟居士は株式会社キンデン(前近畿電気工事)で長い間訓練校の校長として、中学を卒業した多くの若い青年を、一人前の電気工事士として指導していた。時に有望社員に人間禅修行への投入を指示。その功績が認められ、その後社長、会長の職につかれた。
芦舟居士が社長の時、阪神淡路大震災が起きた。
その際にも陣頭指揮を取り自分が指導した多くの電気工事士ともに復旧作業に取り掛かり、すべての地域で1日で電気が回復した。芦舟居士は学生の頃、耕雲庵英山老師が法を守るため、第二次大戦中、八ケ岳山麓に疎開し、農耕に従事して法体を長養する挙に出られた時、先輩幹部とともに随身して、師とともに文字通り臥薪嘗胆の苦修行で得た道力、道眼で対応できたと後日述懐していた。
芦舟居士は常に最悪のことを想定しそれに対処するにはどうしたら良いかということも常に考えていた。今風に言えば危機管理である。
それは訓練校校長時代作った標語にもよく現れている。
東電は今回の台風禍の事故を見る限りにおいても、かの日本最悪の原発事故の反省すらしていないようである。
こんな会社に重要なライフラインのインフラは到底任せられない。
 
小沼睡龍
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (36)

みなさま
いつもお力添えありがとうございます。
名古屋支部(第17回)豊橋禅会(第15回)知多禅会(第1回)合同摂心会が919日〜23日南知多大宝寺様において、葆光庵丸川春潭老師(副担当 龍光庵蓑輪清稟老師)の下、無事円了致しました。
大宝寺での初めての摂心会。不備や不手際がありましたが、全日詰める方も数名居り、皆様のご協力をいただき、こじんまりとはしておりましたが充実した摂心会になったと思います。また、作務も老師方自ら動いていただき、竹林の伐採などハードな作業をしていただきました。知多禅会は素人集団なのでまだまだ未熟な運営ですがその分伸び代があると考え、課題となる新しい道友作りにも励みたいと思います。
今後ともご指導、お力添えよろしくお願い致します。
 
知多禅会長 河口玉風
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (28)

学生運動、坐禅の効用㊳

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2019/9/26 23:44

学生運動、坐禅の効用㊳
 
大阪大学の学生時代は、嵐のような安保闘争の学生運動の真っただ中でした。
 大学一年の時から、学級委員に始まり大阪大学理学部自治会副委員長などを推されて務めました。
 このころの学生運動はデモ参加率95パーセントという時代であり、後の内ゲバなど全くなく、クラス討論をよく行いみんなで考え一緒に行動する学生運動でしたが、マルクス、エンゲルス、レーニン、毛沢東などの書物も、また日本の近代史もよく勉強し、理系の小生にとってはそれ以降の人生の大きな糧になりました。

 



 大学内ではほとんど自治会室に入り浸りでしたが、耕雲庵老師の中国支部での摂心会は四年間結制から円了まで皆勤で侍者を務めましたし、老師の道中侍者として鎮西支部や熊本支部までお供して出かけ、摂心会に参加しました。
 同時に阪神支部の磨甎庵老師の摂心会も大学一年の春休みから四年卒業までこちらも皆勤で励み、又夏休みには千葉県市川にある本部道場での学生摂心会にも参加しました。
 安保の学生運動と坐禅修行と少しの学問勉強の学生時代でした。


(丸川雄浄著「坐禅の効用」より)




 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (23)

剣禅一味のご案内

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2019/9/25 13:53

日時 令和元927日(金)

剣禅一味 小川忠太郎先生の境涯を学ぶ会

午後8:00開始(7:45受付)~ 9:00終了予定

東京で夜一番遅い座禅会の前に、剣道と禅によって人間形成の道を説く小川先生の「直心影流法定の形」に関する講話を味わう会。剣道未経験者も大歓迎です。


9:15静坐 9:45参禅 ふるってご参加ください!!

 

 

剣と禅の両輪でまごころの井戸を掘り起こす。そうすると、人がそれを飲んでくれる。(小川忠太郎先生語録より)
 この語録からも察せられるように、小川忠太郎先生(剣道範士九段、警視庁名誉師範、人間禅での称号:無得庵小川刀耕老居士)の言葉とお話は、剣道家だけに向けられたものではありません。道を求めるすべての人、道に迷うすべての人に向かって放たれています。

本会は、その慈愛溢れる清話の一言一句を学び味わう会で、平成22年にスタートしました。
 毎回古流の(かた)直心影流(ほう)(じょう)の形または小野派一刀流「切り落とし」)の披露もあります。
 人間禅では、禅修行のさらなる充実に向けて「法定の形」を取り入れています。“動く禅”といわれる呼吸法が特徴の春夏秋冬4本の形は、この勉強会の土台となるものであり、人間禅会員はもとより剣道未経験者にも、ぜひその魅力に触れていただきたい迫力満点の形です。(右写真:「法定の形」演武)

参加ご希望の方は下記申込み先までご連絡ください。

なお、72回目を迎えた擇木禅セミナーは、金曜から土曜夕方まで一泊二日でさまざま勉強会と坐禅の時間組まれています。あわせての参加をお待ちしております。

場 所 東京都台東区谷中7-10-10 人間禅(たく)(ぼく)禅道場(JR日暮里駅南口徒歩3分) 電話/FAX:03-3823-7647

講 師 人間禅師家 葆光庵丸川春潭老師、人間禅師家・宏道会師範 千鈞庵佐瀬霞山老師

会 費 1,000円 ※他の勉強会、禅フロンティアは別途参加費を申し受けます。

申込み先:幹事 張替剣外 携帯090-6313-5131 E-mail kengai1372@yahoo.co.jp FAX 047-373-7561

用意するもの ・テキストは、こちらで準備します。


 
 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (43)

若者は今

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2019/9/25 11:56

若者は今

日本の全体の自殺者は、少し減少していると言われています。しかし、日本の20歳から30歳の自殺率が、世界で第2であります。若者の自殺率は伸びています。日本の若者は、大変な状況であると思います。韓国も自殺者が多く、30歳から40歳の自殺率は、日本より高い状況です。韓国では、10人に1人が鬱病や、統合失調症などの精神疾患であるそうです。

ネット情報では、若者の自死は、学校での不登校やいじめなどが関係していると書いてありました。小中学生の不登校の数も右肩上がりです。さらにいじめや低学年の対教師暴力も右肩上がりで増えています。愛着障害の子も増えています。

学校は、学力を伸ばすことばかりに力を入れ、取り残された子ども達は、不登校になる場合もあります。日本の学校は、不登校やいじめなどを減らすことより、学力を高めることに力を入れているのです。日本の学校は、困っている子ども達を救うことより、学力を高めることが最優先されています。

グリーンスクール(バリ島)

 

発達障害の子ども達も増加しています。8月に発達障害に関する講演会に行ってきました。児童精神科医の杉山登志郎先生も、学校は変わろうとしない、だから、講演会より学校へ入ることを優先していると話していました。

ネット社会も、子ども達を孤立化させています。ネット依存も病気であるとWHOも認めました。人間と接することが一番大切であります。日常生活でも、人と人が会話をすることが大切です。特に心の悩みを持っている人は、人に話を聞いてもらいたいのです。カール・ロジャーズの来談者中心療法や、エンカウンターグループも、困っている人に共感してひたすら話を聞いてあげたり、困っている人達が集まり他の人の話を聞き、解決の糸口を探し出したりするものです。

日本の若者を救うためには、若者の話を聞いてやることから始めることが大切であると思います。日本の若者を救うために何ができるか、我々大人が考え、それを実行していきたいものです。

「日本の若者を救いたい」(関野円通)より 
 
 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (38)

禅フロンティア日本文化研修道場

R,,28(土)第72回  SDGsを考える②
「アフリカの障がい者の平等」と「禅」
 

差別なく自然に相互扶助を実現しているアフリカに幸せを学ぶ。

 

禅フロンティア日本文化研修道場・SDGsを考える②

 

誰も置き去りにしない――2015年9月、国連サミットでSDGs(持続可能な開発目標が採択され、2030年を目標に17のゴール、169のターゲットが定められ、世界的な取り組みが始まっている。禅フロンティアでは第1弾として2回にわたりLGBTの問題を取り上げ、禅の視点から見解を表明したが、今回はアフリカの障がい者を通じてマイノリティの位置づけについて考える。

 

今や資本主義先導による個人の利益を追い求める方向には未来がないことを世界が認め始めている。本当の幸せとは個人の利の追求ではなく、つながりの中に個人を位置づけユニバーサルな視点で、個人の利がそのまま利他になるシェアする社会を目指す方向にある。

今回取り上げるアフリカの地域の中には、障がい者が利益を生み出せない弱者として社会の外に弾かれずに、健常者に交じって普通に生活している地域があるという。

これには伝統的なしくみがあり、たとえば狩猟採集民と農耕民は別の社会だが、属する社会で障害のために働けない時は、他の社会に出向いて行ってできることをするのだそうだ。そうした共存の考え方が、ひとつのカテゴリーでは賄いきれないものの可能性を開いている。

 

現在先進国は国境や移民問題に揺れているが、貧しく弱いとされているアフリカ社会は、自然に差別を乗り越えている。そこには何があるのか。どこへ私たちは行くべきなのか。皆が恒久に幸せであるには何が必要なのか。

多様性を知ることは自分たちを映す鏡を手にすることである。

 

今回はアフリカの重層的な社会、潜在力を紐解いて、私たちの未来を探るフォーラムです。

フォーラムの後は座禅の時間、人間禅の老師に禅の話を聞く時間も用意しています。

戸田美佳子氏 上智大学助教。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科で博士(地域研究)取得。カメルーンの森で暮らす障害者との出会いから3年にわたってカメルーンやコンゴでフィールドワークを行う。研究分野は人類学、アフリカ地域研究、障害学。主著『越境する障害者―アフリカ熱帯林に暮らす障害者の民族誌』明石書店。


【時間】  <受付>午後 2:30 <フォーラム>午後 3:00~4:45

<座禅>午後5:00~6:15  (希望者は禅の老師と面談できます)、茶話会 
  【費用】 2,000円
  【場所】 人間禅擇木道場 日暮里駅南口徒歩3分

110-0001 東京都台東区谷中7-10-10 TEL:0338237647 FAX:0358155921

【連絡先】HP zenfrontier.org からお申込み願います。お気軽にご質問くださいませ。笠倉玉溪 

 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (21)

女性と禅

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2019/9/24 23:08
「 女性と禅 」を読む

 

令和元年9月28日(土)に開催される女性部主催の

読書会について、ご案内申し上げます。

これから読み進めていく『女性と禅』で、どのように心の玉を磨いた真の美人にお会いできるかが楽しみです!!

かんばしさを匂わせたというところの真の美人でないのはない。・・・・

仏道極妙の法則としては男女同一である。男子禅だの女流禅だのと、別々な

禅が言われるはずはない。・・・みな一様にこの禅海に浴し、いずれもひとしくこの妙味を受けることができねばならぬものである。(序文より)

 

読書会には葆光庵老師が出席され、禅の真髄に迫るお話しを伺うことができます。

女性に限らず男性の方でも、初めての方でも参加できます。

多くの皆様のご来場を心よりお待ちしています。

           午前   9:45 受付

午前 10:00 読書会

午前 11:10 坐禅

午前 11:40 参禅

午後  0:10 終了予定

 会  費 :1000円(テキスト代を含む)を申し受けます。

   連絡先 :進藤慧玉(090-5323-5307  email : chieko-s@sj9.so-net.ne.jp

    所 :人間禅擇木道場(TEL03-3823-7647) 日暮里駅南口3分

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (38)

第1回なごや・豊橋・知多合同摂心会ご報告第1回なごや・豊橋・知多合同摂心会ご報告
第1回なごや・豊橋・知多合同摂心会ご報告
第1回なごや・豊橋・知多合同摂心会ご報告第1回なごや・豊橋・知多合同摂心会ご報告

919()19:30結制〜23(月祝)昼円了
※南知多「大宝寺」にて(南知多町内海大名切36

第1回名古屋・豊橋・知多合同摂心会が※919()19:30結制〜23(月祝)昼円了の期日で愛知県南知多町内海大名切36、大宝寺で、担当師家 葆光庵丸川春潭老師・副担当 龍光庵蓑輪清稟老師を拝請して開催されました。
また、22日14;00より講演会「せつこの部屋」、講演者白羽隆宏居士、司会松本和香禅子、対談葆光庵丸川春たん老師のスタッフで開催されました。二日目提唱は龍光庵蓑輪清凛老師、三日目の法話は山崎法善居士でした。
23日最終日は12時30分の円了後は葆光庵老師、龍光庵老師を囲んで、参加者一同で懇親会を行いました。

 

 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (21)

 

坐禅体験会、摂心会開催のご案内

 坐禅ナビゲーター
 
人間禅名古屋支部・豊橋・知多禅会後期予定
右)『人間禅』名古屋禅道場長 原 白蓮(道号) 名古屋市西区にて、摂心会(坐禅修行の5日間)を年間通じて期間開催。 WAM・クリエイト代表 絹代(本名) として、コーチングとカウンセリングを ベースに、人材育成・組織作り・街づくり の研修やワークショップを展開。 学校現場ではキャリア教育名古屋市他にて スキルアップ講座等企画実施と幅広く活動。 名古屋モード学園にて、8年間夜間着付け授業を担当。 アキタ()社外監査役。 今年4月より事業構想大学院大学名古屋一期生として在学中。

左)『人間禅』知多禅会長 河口玉風(道号) 名古屋市西区、及び南知多町、大宝寺にて、摂心会(坐禅修行の5日間)を年間通じて期間開催

お問合せ先
090-9905-3478(河口)
ML
ホームページ: https://www.freeml.com/horado-zen-clu

https://ad.atown.jp/adserver/cp?sid=85f37&did=6d1a&emid=&u1
 
お問合せ先;
蓑輪清稟(みのわせいりん) seirin1105@gmail.com 携帯 090-1560-6881
ML
ホームページ:
https://www.freeml.com/horado-zen-club
 
お問合せ原 絹代 携帯090-9022-1031 (フェイスブックのメッセンジャー連絡可能)

 

 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (56)

 令和元年9・28 第72回
わび茶の研究
茶の心を知ろう

  

茶道のお点前をお茶会では見る機会は多いが、果たしてそれだけで良いのだろうかと思い先人のお茶の資料を紐解いて読み合い話し合って[茶の心]を深め合う事を中心にして勉強会をしております。
 今回は芳賀幸四郎著「わび茶の研究」についてを勉強致します。
読む資料と補助資料は用意致しますので、是非参加してください。そして忌憚のないご意見やご感想・ご助言を頂ければ読みが広がり深まります。
 芳賀幸四郎著「わび茶の研究」は茶禅一味の境涯から書かれた非常に深い内容となっております。人間禅の現在の総裁老師が解説を加える事で、芳賀先生が残された言葉をより深く味わうことを趣旨としております。

日提  2019年9月28日(土) 集合時間は午後1時15分

午後 1時15分    受 付
      午後 1時30分~2時30分    わび茶の研究
      

[会費]1000円   

[場所] 人間禅擇木道場 JR日暮里駅南口3分
 〒110-0001 東京都台東区谷中7-10-10 TEL:03-3823-764 FAX:03-5815-5921
[
連絡先] 幹事 佐藤妙珠  携 帯 080-1021-9imageCARC5OFM557    TEL 047-373-9610

尚、禅セミナーでは、毎回盛り沢山な内容で、皆様方をお迎えする用意をしております。前日27日(金)午後7時から「剣書を読む会」、当日28日〔土〕午前9時から「青年部」午前10半時から女性部、午後3時から禅フロンテァを予定しております。お時間の許す方は、是非ともご参加いただけますようお願い申し上げます。


 

 
 

 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (48)