メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
カテゴリ一覧

ブログ - 20181025のエントリ

俳句会inなごや禅

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2018/10/25 11:59
名古屋支部の自観です
 先日の名古屋支部摂心会第4日目、懇親会18;00~にての俳句会投句集を下記まとめご報告させて頂きます。
  第10回摂心会俳句会投句まとめ報告 (H30/1020日実施)金剛庵老師 選                 選句数得点順位投句者名
○ 身の丈を 忘れて寒し 願王寺       6票 2位  蓑輪清稟  
○ 台風が 過ぎた後には 天高く       4票     山田耕岳
○ なつかしや 大生(おおう)参りに 秋深し 1票     熊谷竜安
    高得点句
○ ころころと どんぐり拾う 小さき手    7票 1位  熊谷芳光
○ 秋の暮れ 初の坐禅に 足しびれ      6票 2位  岡田裕則


 
○ 佛道は この一点と 秋の空        5票 3位  土井唯照
    上記外投句まとめ
 ○ 道暮れて ここにも咲けり 酔芙蓉     3票    粕谷要道
 〇 枯薄(かれススキ) 今朝の茶席に 五六本   3票     〃
 〇尾花生け 知覧のお茶に 想うとき     1票     〃
 ○ なりきれば 白露いよいよ かがやきて   4票    土井唯照
 〇 秋深し もりだくさんの 座禅会      1票     〃
 ○ 月冴えて 家路に急ぐ 影法師       4票    熊谷芳光
 〇 鈴なりの 柿の木見上げ ケセラセラ    3票     〃
○ かれススキ 貴女(きみ)の笑顔に いやされて 3票  蓑輪清稟
〇 行く秋に 君とのわかれ いと悲し     3票     〃
○ 秋風の 音色に漂う きんもくせい     3票    河口玉風
〇 住職の 頭にこおろぎ 秋深し       1票    〃
○ 虫の音も か弱き調べや 極暑過ぎ     3票   広瀬自観
〇 秋風に 三々五々の 色落ち葉       1票    〃
○ 誰もいぬ 畑に実る 月見柿       3票   富江佳代
〇 むかえ待つ 頭みおろす 芙蓉の木     1票    〃
 ○ 秋の空 うすいオレンジ きれいだな    3票   熊谷聖羅
 ○ 風が吹き すすきがゆれる ゆらゆらと   2票   熊谷日向子
 〇 山登り 秋はきのこが いっぱいだ     1票    〃
 〇 ふと夜空 見上げてみれば 天の川           〃
 
〇 暑い日も 何時の頃にか 秋寒し      2票   高田玄徳
〇 なつかしさ すみし東北 芋煮煮会           〃
〇 朝寒し 外はひんやり 秋の霜             〃
〇 星月夜 虫等がおりなす 演奏会      2票   山田耕岳
〇 たまにはさ 秋の七草 食べたいな           〃
〇 秋空や シンメイノケン 叩き切る     2票   熊谷竜安
〇 赤や黄が そよぎ映える 秋の空      2票   福田悦子

〇 アキアカネ 空をふるわせ どこゆかん        小川韶春

(文責 広瀬自観)
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (149)
四日市禅会の芳光です!

先日、10/17()~21()の会期で、名古屋市西区中小田井、善光寺別院願王寺明光閣を会場に、第12回名古屋禅道場(人間禅名古屋支部)摂心会(本格坐禅体験会)が開催されました。週末に、参加してきました。

19日金曜日、日々のルーティンワークの後、摂心会(本格坐禅体験会)会場に昼食前に入山しました、静坐、参禅に参加、午後の作務では、典座長の白蓮禅子様がジビエ料理に挑むべく、猪の生肉の塊(四日市禅会の韶春居士が、顧客の猟友会の方から頂いたのだとか…)と格闘、「家では絶対ジビエ料理なんてしないけど、坐禅会では何でも調理しちゃうんだなあ‼」との白蓮禅子の気合に圧倒されてのスタートでした。翌日は韶春居士の「坐禅と動く禅・直心影流、法定の形」についての講演会の後、実習。一般的な竹刀稽古とは違い、真剣とほぼ同じ重さの木刀を手に、大口を開け、両足を踏ん張り、全身で呼吸を繰り返す努力呼吸法、、なんだか火事場の馬鹿力が飛び出そうな大袈裟な法定の剣道、一挙手一投足、動きもゆっくりで分かり易いのですが、木刀のあまりの重さに、振り上げて止めるだけでも必死。心地よい秋風を受け、身も心も引き締まる稽古となりました。

夕方は、懇親会。恒例となった俳句会も和気あいあい、その人となりの作品を味あわせていただきました。今日初めて出会ったという方々も、ワイワイ、ガヤガヤと熱気のあふれた交流の場となりました。これも総合司会をなさった白蓮禅子様や、親子で腹を抱えて笑い転げた破天荒な金牛和尚の舞掃除変を披露下された玉風禅子様、これらいずれも柳原白蓮いえ、原白蓮禅子様想定内のインプロ進行でした。

次回、11月14日()~18日(日)、同じく名古屋禅道場にて摂心会(坐禅体験会)が開催されます。秋は絶好の行楽シーズン‼また、自分を見つめ直す為の絶好のチャンス、季節の節目で体調も崩しやすい時期でもありますが、調心、調息、調身の機会にしたいものですネ。~この機会をお見逃しなく☆彡初心の方大歓迎!!


 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (122)