メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
カテゴリ一覧

ブログ - 20180907のエントリ


前頭葉の活性化が小脳化する「坐禅の効用」⑬
(五)身体機能への効果(脳科学の見地より)
 
坐禅の効用は精神への作用ばかりでなく、体の健康にも多大な効果があるのですが、それが医学的にどういうメカニズムになっているのかを、最近の脳科学の知見を引用してお話ししましょう。
 まず、坐禅の三昧に入ると、脳はどう変化するかが最近の医学研究の情報からだんだんわかってきています。
「数息観三昧に入ると頭頂連合野がサイレントになり、それと入れ替わるようにして、前頭葉が活性になる」。
 これが坐禅の脳科学の基本現象です。
 この現象がアメリカの脳科学者の実験で
確証されてからすでに十数年経過しています。
この知見は、京都大学医学部名誉教授の本庄巌先生(人間禅名誉会員)によって紹介されたものです。
 本庄巌先生は、「お釈迦様の脳」を研究され、坐禅で三昧に入り前頭葉を活性することを長年継続すると、前頭葉の活性化が小脳化するといわれています。つまり前頭葉の活性化機能が日常的に増強されるということです。
 この本庄先生の「前頭葉の活性化が小脳化する」ということこそが「人間形成とは三味が身につくことである」ということの医学的表現です。
 毎日坐禅して、線香1本焚く時間の三十分から四十五分の坐禅の推奨を、「一日一炷(ちゅう)香のすすめ」として古来より口伝されてきています。
 その大切さ意義深さを最近の脳科学は、臨床的に証明しているのです。
(丸川雄浄著「坐禅の効用」より)
 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (16)

荻窪禅会だより

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2018/9/7 11:08
八月初旬に岐阜洞戸坐禅道場で開催された第2回オール東海摂心会(坐禅体験会)に参加されていた、東京荻窪禅会の中川香水禅子よりのお手紙です。

お世話になっております。
829日から92日まで、杉並区善福寺清明庵において、葆光庵丸川春潭老師ご指導の下、第2回東京摂心が開催されました。
結制に先立ち、下記のとおり一名の進級式が、さら2日目に2名の入会式が挙行されました。
荻窪禅会会員のほか、伏龍庵老師、名古屋、房総、水戸、東京支部からも御参加いただき、合計30名が参加されました。
作務では、名古屋支部の樹徳庵広瀬自観老居士による庭の剪定、草むしり、門扉の清掃等により見違えるように綺麗になり、また、午後の作務では、名誉会員である井上和英先生、加藤達人先生の御指導の下、法定の型の稽古を行いました。
さらに、会員2名による法話(小川心耕居士、中川香水禅子)とご提唱(新編碧巌録第1則「寒暑到来」)がなされました。
円了後は、文化講演会「瞑想と禅」として、吉村妙幻禅子の上方舞とフランス人女性によるインドの古典舞踊とのコラボレーションが披露され、国際色豊かな会となりました。
無事に円了できたのも、会員の方々のご支援があってこそであり、心より感謝申し上げます。
今後とも、何卒、ご指導いただきたく、御願い申し上げます。
(中川香水)

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (15)