メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 2月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 1 2 3
カテゴリ一覧

ブログ - 20180212のエントリ

擇木禅道場で上方舞(地唄舞)、三味の音響くー東京支部50周年前夜祭
 
2月10日(土)18時より、東京谷中、擇木禅道場(国際文化研修道場)で第147回人間禅東京支部摂心会打ち上げ懇親会・支部設立50周年記念前夜祭が開かれ、日本文化の粋ともいえる三味線の演奏と舞が披露されました。三味線の演奏は上野浅草の人間国宝芸技鈴木名誉会員と舞は上方舞(地唄舞)を会員禅子が熱演されました。以下、上方舞(地唄舞)のお品賀記より。

上方舞(地唄舞)・・・・・静寂を舞う花ごころ、日本文化の粋

上方舞は、江戸時代(1603年〜1867年、徳川家の江戸幕府によって日本が統治されていた時代。鎖国により、日本独自の文化が華開いた。)、上方(京都・大阪)で生まれた日本舞踊の一種です。
京都の御所などで舞われた御殿舞を発祥とし、能を元とした静的な舞に、歌舞伎や人形浄瑠璃の要素を加味して発展しました。
 
また上方舞は、歌舞伎舞踊が劇場の舞台で踊られたのとは異なり、座敷で舞われ、座敷舞ともいわれます。
観客からは、息の通う間近からみつめられ、差す手、引く足、すきのない厳しさの中で愛でられ、磨かれ、洗練され、えもいわれぬ艶冶な情緒を持つようになりました。
その表現方法は、「踊ってはいけない。みせようとしてはいけないとされ、あくまでも舞としてのたたずまいを保ち、歌舞伎舞踊より抽象的で単純化された動きをします。
 


内省的な深い味わいを持つ上方舞は、静謐な佇まいの中から心の内面、情感、情景を浮かび上がらせ、見る人びとを豊かな空想世界へと導くことを目指しています。
伴奏は、三味線音楽の中でも、一番古い伝統を持つ地唄を舞うことが主で、そのため地唄舞ともよばれます。地唄の地は、江戸に対する京・大阪の上方をさし、上方で生まれ育つたので地唄といいます。もともとは座敷音楽として、盲人演奏家が一人で唄と三味線の弾き語りをしました。
地唄は、古風でゆったりと、おおらかな間合いを持ち、ひとつひとつの音と音との間の余情を舞うのが地唄舞、つまり、上方舞です。
 
歌詞は、和歌の伝統を汲む花鳥風月と四季の移ろいに彩られています。かおり高い言霊の響きから、日本の美しい自然や、日本人の優しい心根が浮かび上がります。その繊細な陰影に富んだ情緒を舞う上方舞は、日本文化の粋を極めた芸能です。
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (94)



医・剣・宗一途と人の道

「医学の父」「医聖」と呼ばれるヒポクラテスは「生命(いのち)は短く、技術は長い。機会は去りやすく、経験はだまされやすく、判断は難しい」との箴言(しんげん)を残している。

今回の禅フロンティアは、剣禅悟達の小川忠太郎範士(無得庵刀耕老居士)宅のかかりつけ医として最晩年まで付き添った医師であり剣道の弟子でもある伊藤元明氏を講師にお迎えして開催します。

伊藤氏は、医学と剣道と宗教の相関性(三角形)を一途に求めた師父京逸(きょういつ)博士の薫陶(くんとう)を受けて世田谷区豪徳寺の(せい)寿堂(じゅどう)で幼少の頃より剣道を愛好し、世界中で愛読されている『五輪書(ファイブ・オブ・リングス)』を英訳したビクター・ハリス氏(元大英博物館日本部長)とも親交を持ち、また東京都剣道連盟会長、全日本医師剣道連盟会長として剣道の普及発展に多大な貢献をされています。さらに祖父金逸博士が創見した、イトオテルミー療法(温熱刺激療法)を継ぎ、自然治癒力を研究されています。京逸博士と金逸博士は二人とも得度され、釈頼胤と釈頼音と号されました。

「人は死に向かって成長し、生を完結するものである」という一語を目標に、生涯剣道の道を歩まれています。

 貝原益軒が著した『養生訓』、オジギソウが語るもの、ヒポクラテスの養生法とは。そして91歳で亡くなる直前まで数息観を続けた小川先生の晩年の知られざる姿を語っていただきます。医学博士の慈愛あふるる言葉をぜひ傾聴いただきたいと思います。

テキスト ボックス: *伊藤元明〔いとう・もとあき〕氏 医学博士 昭和11年東京都生まれ。東京医科大学外科学大学院卒業。同大学胸部外科学教室の助手を経て、慶應義塾大学医学部放射線医学教室にて移植免疫学を研究。同教室の講師を経て、琉球大学助教授、東海大学助教授、杏林大学客員教授、東京都剣道連盟会長、全日本医師剣道連盟会長を歴任。現在、聖イトオテルミー学院 学院長。浄土真宗出雲路派毫摂寺(福井県武生市)で得度し、釈元明(しゃく・げんみょう)の号を授かる。フォーラムの後は、座禅の時間も設けてあります。人間禅の師家(老師)に直接「禅の話」を聞く時間も用意してありますので、関心のある方はご参加ください。

【日時】 平成30年3月17日(土) 参加はどこからでも。出入りもOKです。

午後 2:00              

午後 2:30~4:15  フォーラム

午後 4:30~6:00  座 禅(老師と面談の時間もあります)

【費用】 ,000
 

【場所】 人間禅擇木道場 日暮里駅南口徒歩

110-0001 東京都台東区谷中7-10-10 TEL03‐3823‐7647 FAX:03-5815-5921
 

【連絡先】 ホームページ zenfrontier.org からお申し込み願います。お気軽にご質問くださいませ。

人間禅中央支部長 大谷竜穏 携帯 080-4169-7552 PCアドレス aotani@kki.biglobe.ne.jp

            担当 張替剣外 携帯 090-6313-5131  PCアドレス kengai1372@yahoo.co.jp
 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (113)