メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
カテゴリ一覧
  • カテゴリ ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - ブログカテゴリのエントリ

「 お 経 に 学 ぶ 」
 

          
平成30年9月5日(土)に開催される女性部主催の
読書会について、ご案内申し上げます。

現在、『勝鬘夫人の告白』小野円照老師著を読み進めております。

「勝鬘経」について
古代インドの王妃である勝鬘夫人が大乗に帰依する誓願を立てられ、これを実践された
様子を自ら告白されたものです。しとやかに説いている中に、不退転の決意が滲み出て
いて、深く味わうほど恐るべきものがあります。   (本文より)

 
前回に引き続き、 p.190 【 37. 二種の辺見 】から読んでいきます。
夫人の説法はいよいよ核心に入り、大乗仏教の悟りの姿が丁寧に示されてまいります。読書会には毎回 葆光庵老師が出席され、禅の真髄に迫るお話しを伺うことができます。
 これまでの復習から入りますので、初めての方でも大丈夫です! 女性に限らず男性の方でもどなたでも 気楽にご参加いただけます。
多くの方のご参加を心よりお待ちしています!!
        午前   8:30         受付
午前  8:45~9:45   読書会
 会  費 :1000円(テキスト代を含む)を申し受けます。
   連絡先 :進藤慧玉(090-5323-5307  email : chieko-s@sj9.so-net.ne.jp
  場  所 :人間禅擇木道場(TEL:03-3823-7647) 日暮里駅南口3分



  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7)

茶道と禅

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2018/8/20 13:18

~茶 道 と 禅~
  茶の心を知ろう
茶道のお点前をお茶会では見る機会は多いが、果たしてそれだけで良いのだろうかと思い先人のお茶の資料を紐解いて読み合い話し合って[茶の心]を深め合う事を中心にして勉強会をしております。
 今回は芳賀幸四郎著「わび茶の研究」について勉強致します。読む資料と補助資料は用意致しますので、是非参加してください。そしてどんな事でも遠慮なくお尋ね下さい。色々な意見やご感想ご助言を頂ければ読みが広がり深まります。
 芳賀幸四郎著「わび茶の研究」は茶禅一味の境涯から書かれた非常に深い内容となっております。人間禅の現在の総裁老師が解説を加える事で、芳賀先生が残された言葉をより深く味わうことを趣旨としております。


[日 程] 2018年9月8日(土)
午前 9時45分  受 付
      午前 10時00分 『わび茶の研究』の読書会
      午前 11時00分 終了
午前 11時10分 坐禅 
午前 11時40分 参禅
正午        終了予定
[会 費] 1000円
[場 所] 人間禅擇木道場 JR日暮里駅南口3分
      東京都台東区谷中7-10-10
TEL:03-3823-7647
[連絡先] 幹事 佐藤妙珠  携 帯 080-1021-9557
              TEL 047-373-9610

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4)



日時 平成3097日(金)~8日(土)

午後8:00開始(7:45受付)9:15静坐 9:45参禅
秘伝の資料を初公開。昭和50年5月、内原無心堂で講話された「山岡鉄舟先生の剣道精神」について熟読玩味します。読書後に坐禅を実践。ふるってご参加ください。

66回「剣道と禅」剣書勉強会および参禅会のご案内

オートシェイプ: 小川忠太郎先生述 直心影流法定之型 講話

 


 本会は、剣道をスポーツ競技としてではなく、実生活に根ざした“剣の道、人の道として、生涯を歩まれた小川忠太郎先生(剣道範士九段・警視庁名誉師範・無得庵刀耕老居士)の剣禅一味の境涯を学び合うことを目的として、平成225月よりスタートしました。

したがいまして、本会で学び合う小川忠太郎先生の書籍類は剣道の本でありながら、いわゆる専門書ではありません。ご自身の実践をもとに、ほんとうの人生を求めるすべての人に向かって語られた啓蒙の書です。


そして毎回、小野派一刀流、直心影流「法定の型」の演武を参加者に披露しております。

また人間禅は、人間形成の手段の一つとして、「法定」の稽古を取り入れています。これは「人間禅に法定の型を入れると、どこにもない禅道場が出来上がる」という小川忠太郎先生の思いでありました。動く禅といわれる「法定」は、この勉強会のテーマの土台となるものでもあり、人間禅会員はもとより剣道未経験者の方も得るところが大きいのでオススメします。

なお、擇木禅セミナーは、毎回盛り沢山の内容で皆様方をお迎えする用意をしております。読書会終了後、午後9時15分から「東京で夜一番遅い座禅会」、翌日午前6時静坐・7時参禅、午前8時30分から「お経に学ぶ」女性部勉強会、945分から「茶道と禅」勉強会、午後2時30分から禅フロンティア(テーマ:儒教のイロハと禅」講師:明治大学教授 本間次彦氏)を予定しております。万障お繰り合わせの上、ご参加いただきますようお願い申し上げます。

*注 参禅とは、公案(禅問答)を授かっている方が老師のもとに一対一で独参する時間です。他の方は座禅をします。老師に面談を希望されます方は、お手数ですが下記連絡先または当日スタッフにお申し込み願います。

場所 東京都台東区谷中7-10-10 人間禅(たく)(ぼく)禅道場(JR日暮里駅南口徒歩5分) 電話/FAX:03-3823-7647

講師 人間禅師家 葆光庵丸川春潭老師、人間禅師家・宏道会師範 千鈞庵佐瀬霞山老師
 

会費 1,000円 ※他の読書会、禅フロンティアは別途参加費を申し受けます。座禅を初めて体験される方には座禅指導料として別途500円、道場に宿泊される方はご喜捨として別途2,000円を申し受けます。
 

連絡先:張替剣外 携帯090-6313-5131 E-mail kengai1372@yahoo.co.jp
 

用意するもの・当日夜に宿泊される方は、洗面用具、寝間着など(擇木禅道場は冷房・シャワー室完備)。

   ・静坐、参禅を希望される方は、ジャケット、長ズボンまたは長めのスカートを着用してください。

   ・テキストは、こちらで準備します。
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5)

/89日、みえ四日市参禅会

(坐禅体験会)
のお知らせ  

初心の方大歓迎!!  



http://nagoyazen.ningenzen.jp/uploads/ckeditor/images/20170728081446image002.jpghttp://nagoyazen.ningenzen.jp/uploads/ckeditor/images/20170728083301.jpghttp://nagoyazen.ningenzen.jp/uploads/ckeditor/images/20170728083217.jpg 


 この度人間禅三重四日市禅会では、第3回1泊2日坐禅会(参禅会)を開催します。臨済宗の正脈の師家を拝請して古来からの公案によって.転迷開悟を図ることが出来る参禅会で一般社会では単なる坐禅会と認識されていますが、正脈の師家への独参する会は三重一円ではわれわれ人間禅だけであります。
 老若男女、学生さんから主婦お年寄りまで、坐禅は初めてという方にも親切に初歩からご指導致します。
小中生も保護者同伴でお気軽にご参加下さい。


日時 平成3098日(土)午前10時〜9日(日)午後12
 


会場 四日市市少年自然の家(現地集合、現地解散)


http://nagoyazen.ningenzen.jp/uploads/ckeditor/images/20170728082424.gif交通 公共交通機関をご利用の場合はJR四日市駅または、近鉄四日市駅から三重交通バスをご利用ください。JR四日市駅→近鉄四日市駅


→少年自然の家口宮妻口行き 


系統番号61(室山行き)または65


(笹川通経由)に乗車下さい。
 


〇師家 人間禅師家 金剛庵要道老師          〇提唱 十牛の図・相対樹、絶対樹
 


日課     9/8  
  10:00 集合・入所式   10:30 静座   12:00 昼食


13:00 静座・参禅     15:00 静座・参禅  17:00 入浴


18:00 夕食   19:00 提唱     20:00 講後参禅   22:00 消灯
9/9


5:00 起床  5:30 静座・参禅   7:30 朝食  8:00 片付け


8:30 静座       10:00 打ち合わせ     11:00 解散
用意するもの 洗面具、着替え、上靴、身の回り品など
会費 5000円

お問い合わせ先


熊谷正幹(竜安)TEL:080-1015-6004    Mail:hwnus352@ybb.ne.jp

http://nagoya.ningenzen.jp/uploads/ckeditor/images/20180520003524.jpg
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4)
<野戦18の秋>野戦之月テント公演
「二つ三つのイーハトーブ物語」――第一部「堂々たるデク」

私たちのテント場は旅をしています。まるで難民のように。昨年秋、私たちのテント場は「クオキイラミの飛礫ーワタシヲスクエ!」を井の頭公園で上演しました。そして今年。私たちのテント場は、さらに内なる「難民」の想像力の居場所を求め、宮沢賢治の残した耳鳴りのような「イーハトーブ」の物語へと向かいます。

(場所日時)
9月29日(土)30日(日)隅田公園 山谷堀広場(東京都台東区浅草)
10月6日(土)7日(日)7日(月祝)国立市矢川上公園(国立市富士見台)
(料金)
前売予約3000円 当日3500円 外国籍者大学生2000円 中高生1500円 小学生以下は無料。山谷堀広場公演はカンパ制(入場料に準ずる) 
<出演>
ばらちづこ 丸川哲史 森 美音子 雲隠始終郎 林 欣怡 みりん リュウセイオー龍申源 小童 三里敦 ? 亭儀 楊 ?鴻 押切マヲ 矢野玄朗 桜井大造
演出→桜井大造 音楽→野戦の月楽団 原田依幸  
舞台監督→おおやまさくに 照明→2PAC 音響→羅皓名
協力団体 山谷労働者福祉会館活動委員会 明治大学大学院丸川ゼミ 済州島カンジョン「ムングループ」 「山谷」制作上映委員会 独火星 広島アビエルト プーロ舎
(チケット取り扱い)模索舎 03-3352-3557 
(予約問合せ)携帯 090-8048-4548E-mail 
yasen2011@ezweb.ne.jp



野戦17の月HPより
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3)
2回オール東海摂心会(本格坐禅体験会)無魔円了しました
 岐阜県関市洞戸大野、岐阜洞戸(旧東海)坐禅道場で行われていた
2回オール東海摂心会(本格坐禅体験会)が、812日(日)
午後1230分の円了茶礼をもって無魔円了しました。
日本列島例年にない猛暑にかかわらず、首都圏の支部、禅会の老若男女
の会員がた及び人間禅オール東海会員、未入会員多数の出席を得ました。
 今回の本格坐禅体験会は85日(日)19;00からの結制茶礼
の席上で人間禅岐阜禅会の中川清秋、飯田紅雪両禅子の道号授与式がありました。
また、810日(金)第5日目、午後18時より関市洞戸、岐阜洞戸(旧東海)
坐禅道場で船戸クリニック船戸崇史院長・人間禅総裁丸川春潭老師による禅と医療対談
・講演「がんと坐禅」が開催されました。
8月11日(土)第6日目は18時より、人間禅総裁丸川春潭老師、伏龍庵水井惟精老師、
粕谷要道老師、見性寺お庫裏様ご夫妻、荻窪禅会名誉会員様らを囲んで、懇親会、俳句会が
賑やかに催されました。(岐阜洞戸坐禅道場IT部)




 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4)
オール東海本格坐禅体験会(摂心会)始まる
 8月5日(日)より12日(日)までの会期でオール東海本格坐禅体験会(人間禅名古屋道場、三重四日市禅会、岐阜禅会、豊橋禅会夏季合同摂心会)が、岐阜県関市洞戸大野 人間禅岐阜洞戸(旧東海)坐禅道場に担当師家人間禅総裁丸川春たん老師を拝請して近辺の新到の方や、全国各地の老若男女多数の在家会員のかたがたを槿、百日紅の花花が満開の岐阜洞戸坐禅道場にお迎えして始まりました。猛暑列島の街中に比較すればはるかに涼しい別天地洞戸大野です。初心のかた大歓迎!!何時からでもお出で下さいませ。!!

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3)
医療と禅対談講演会「がんと坐禅」が開かれまし
 
 オール東海摂心会(坐禅会)第5日目午後18時より関市洞戸、岐阜洞戸(旧東海)坐禅道場で船戸クリニック船戸崇史院長人間禅総裁丸川春潭老師による禅と医療対談講演「がんと坐禅」が開催されました。
 人間禅岐阜禅会長渡辺玉蘭禅子の司会で、まず両講師の紹介より始まり、船戸崇史院長の講演「がんに克つ寝技、がんは治るようになっている」30分、丸川春潭老師「坐禅の効用、人づくり肚づくり、禅の両界曼荼羅絶対樹と相対樹をつなぐ三昧、知識と知恵の違いとその働き、、、など」30分、両講師への質議応答30分でした。



出席者は東海地区の一般参加者、洞戸大野「リボーン洞戸」関係者、オール東海坐禅会参加者他数十名でした。

(人間禅岐阜洞戸坐禅道場IT部)

 

※人間禅名誉会員船戸崇史船戸クリニック院長関連の今後の予定

第16回希望の祭典「がん治っちゃったよ!in埼玉」2018年8月12日(日)埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目7-5ソニックシティビル

「いきたびinリボーン」8月28日(火)、29(水)10月9日(火)、10日(水)会場関市洞戸大野「リボーン洞戸」映画上映会&トークショー(定員25名)申し込み;0581-58-2311「リボーン洞戸」鈴木小林まで
 

「生き方革命」9月24日12;30~16;30

会場;一宮市栄3丁目JR尾張一宮駅名鉄一宮駅構内ビル7階シビックホール,参加費;2800円(共催団体会員2000円)

内容;映画「おだやか革命」12;30より

リレーセッション14;10「リボーン(Reborn)、病を克服する生き方」船戸崇史(岐阜県養老郡医師会会長船戸クリニック院長/総合医療),シンポジウムー母なる地球に生きるEarthas Mother

パネルディスカッション「人と地球の元気をめざして」15;30~

「坐禅断食会」10月12日(金)~14日(日)
場所;関市洞戸大野、「人間禅岐阜洞戸(旧東海)坐禅道場」
参加費;初めての方、20000円(リボーン洞戸宿泊の方ー17000円、別途;リボーン宿泊代20000円)「坐禅断食会」参加2回目以降の方10000円。

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (15)
勝鬘夫人の願行は十大受に帰す、在家の禅「勝鬘経の世界」㉜
 
 つぎに本文の「所楽(しょぎょう)に随いて入りて・・・・・」から「凡夫地を越ゆるに堪忍せず」までは、若し、彼岸に達する願いを忘却し、三行を実践しなかったならば、いつまでたっても苦悩に満ちた世界に沈淪し浮かぶ瀬はないぞと注意され、そんなことでは、いろいろの悪道に陥るぞと警告されているのです。
 そして最後の「我れ是の如き・・・・」から後の一段は、私は三慾・三行を忘れた人達がいろいろな過ちを犯しているのを見ているから、どんなことがあってもこの大受をおろそかにはいたしません、と誓いを結んでおられるのです。

以上で十大受を一通りお話したわけですが、最初にお話し申し上げたように勝鬘夫人の願行は、帰するところこの十大受にあります。

そこで勝華鬘の重要な眼目になっているのですが、ここで少し余談にわたって十大受が我が国に及ぼした影響について次回みてみたいと思います。

(小野円照著「勝鬘夫人の告白」より)
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11)
 

 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9)