メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 1月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
カテゴリ一覧

ブログ - 最新エントリー

人間禅会員各位
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
113日(日)14日(月)にかけて熊本支部に於いて九州及び山口新年互礼会を開催しました
13()に青嶂庵荒木古幹第四世総裁の13回忌法要を行い、翌14()に新年互礼会を開催しました。
総裁老師、総務長、芳雲庵老師、金峰庵老師、大休庵老師、仁空庵老師にご参加いただきました。
参加者の寄せ書きを添付写真にて送らせていただきます。合掌
熊本支部 支部長 堀 心鑑


 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1)

  坐禅会にはじめてご参加の皆様へ 


成最後の年、31年新年も早15日、明日16日より豊橋の金西寺で在家の禅「人間禅」豊橋禅会の本格坐禅体験会が始まります。また、26日土曜日には、みえ四日市禅会、津市久居で人間禅津久居道場、道場開きを兼ねて、1日本格坐禅会を開催します。忙しい時ほど坐れ!!とは古来から禅修行者の間で言われている箴言ですが、寸暇を惜しんで座って、何をやるのか?それは、三昧を体得するためです。その基本の行が何時でもどこでもできる数息観です。人間禅の本格坐禅体験会はいつでも、どこでも門戸を開いています。初心の方大歓迎!!会員未会員を問わずお勧めするのがマインドフルネスの原点、数息観です。
 数息観(すうそくかん)のすすめ
坐禅(座禅)の仕方も正式な坐り方や、簡易の椅子坐禅もありますが、それは会場で体験して頂くとして、「数息観」について事前に説明させていただきましょう。
数息観とは?
   数息観とは、坐禅を組んで静かに自分の呼吸を数え三昧(梵語のサマデイーに由来する精神の集中状態)に入る修行の方法で、乱れ散乱している心を鎮め、三昧の力を養います。
数息観は、一見簡単なように見えますが、実は容易なものではありません。
「数息観は坐禅のもっとも初歩であるが、
またもっとも終極である」と言われる所以(ゆえん)です。
 §      (数息観の仕方)
自分の自然な呼吸を心の中で数えます。始めの息を静かに吸いながら「いー」と、その息をそのまま受けて吐きながら「ち」と数えます、つまり、一呼吸(吸う息と吐く息)で「いーち」です。次の吸う息と吐く息をもって「にーい」と数え、
次の呼吸を「さーん」と数えてゆきます。
そして、百まで数えます。
百まで数えたら、また「いーち」に戻って繰り返し行います。
線香一本分の数は、個人差はあると思いますが、大体「二百五十~三百五十」くらいです。
数息観は以下の条件を守って行ってください。
 § まず、数を間違えない  § 雑念を交えない
上記2点に反したら、「いーち」に戻って数えなおす
この条件を満たしていることが『数息観』なのです。
この条件を満たすように数を数えていくと、中々数え切れずに途中で嫌になるかもしれませんが、それが修行なのです。
(二念を継がず)                        
数息観を行う上でよく言われることに「二念を継がず」と言うコツがあります。
この意味は雑念を相手にしないと言う事です。
すると、その雑念は「スゥー」と立ち消えてゆきます。
数を数える以外の周りの出来事に思いを巡らす(二念を継ぐ)と、次、そしてまた次と雑念が次々と起きてきます。
そうなりそうな時には「深呼吸をやや深く、大きめに取りながら」数息観に没頭します。
「ひたすら数を数えることを信じて疑わない」事が大切です。
(三昧-ざんまい)
三昧とは「心をいっさいに任せて、散乱させない」事です。
心を「今、当面しているひとつの事に集中させる」のです。
この三昧を基礎から身につけるための方法が「数息観」なのです。
嬉しいときには「嬉しい三昧」、悲しいときには「悲しい三昧」。
いつでもどこでも「三昧三昧」の日常生活ができれば、人生、これほど快適なことはありません。学問研究、学業、学習、事業、仕事でも武道、スポーツ競技でも、三昧になれば効果は抜群に現われます。

 みえ四日市禅会平成31年スケジュール 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5)
 山下一歩作 水滴とミニ花生けのご案内(二)

 新春のお慶び申し上げます
この度商楽茅店では、中央支部の山下祖牛居士(陶芸家名 一歩)作の手び錬り作品をご案内いたします。この写真は本部秋季摂心会中、展示室で撮影したものです。
ご注文の程よろしくお願いします。(全4頁になります)


           
超ミニ1,000高さ45cm程白      ④超ミニ1,000高さ45cm程黄土系

(デジカメでの撮影ですので、色合いは完全でありません)
振込先:京葉銀行矢切支店(212)口座番号3913491  山下隆司
 連絡先:090-9978-6524山下祖牛 ippo-tehineri@t.vodafone.ne.jp

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4)
14回人間禅名古屋支部摂心会(本格坐禅体験会)4月3日~7日 

毎週水曜日午後18;30より「名古屋で夜一番遅い坐禅会」

於て;名古屋市中小田井、善光寺別院願王寺明光閣



名古屋禅道場長(人間禅名古屋支部長)蓑輪清稟(みのわせいりん)
Seirin minowa
seirin1105@gmail.com
携帯 090-1560-6881 


●申込、お問い合わせ先     
広瀬 :携帯090-4250-0542   
蓑輪 :携帯090-1560-6881 
E-mail :seirin1105@gmail.com
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7)

岐阜・豊橋禅会平成31年スケジュール

1月 1620日 豊橋禅会(豊橋金西寺)
2月 20~24日 豊橋岐阜合同(豊橋金西寺)
3月 13~17日 岐阜豊橋合同(岐阜洞戸坐禅道場)

みえ四日市禅会平成31年スケジュール

岐阜坐禅道場長ー人間禅岐阜禅会長 渡辺玉蘭

お問い合わせ先
渡辺玉蘭(わたなべぎょくらん):携帯080-1606-9677
 Eメール:gyokuran1106@gmail.com

みえ四日市禅会平成31年スケジュール

人間禅豊橋禅会長 高田玄徳

お問合せ先
高田:携帯090-8420-2255 mailtakada_gentoku@yahoo.co.jp
遠藤:携帯090-2009-7591 メール:azshi0728@hotmail.com
中居心法 090-5452-3534 hyougemono1582@docomo.ne.jp
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7)
みえ四日市禅会平成31年スケジュール
 
第18回参禅会(1日本格坐禅体験会) : 平成31年2月10日、於て;人間禅津久居道場

第19回摂心会(本格坐禅体験会) : 平成31年3月1~3日、同上

人間禅津久居道場;
三重県津市久居新町1050-1-3 
道順;近鉄久居駅下車駅前通りを国道156号線交差点方向に徒歩7分、右に50m入る;
クルマでは東名阪道久居インター下車、国道156号を国道23号方面に5分走行、近鉄袴橋直前交差点で近鉄久居駅方向に右折して1分、徒歩で左へ50m入る



みえ四日市禅会長 田中太玄

お問合せ先

熊谷正幹(竜安)TEL:080-1015-6004    Mail:hwnus352@ybb.ne.jp

田中孝幸(太玄)TEL:080-2618-1421
       Mail:tnk10@yahoo.co.jp
小川友之(韶春) TEL:080-6920-6043
       Mail:to-ogawa@private.email.e.jp
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6)

七草粥とお雑煮で

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2019/1/12 6:15
間禅各位
新年明けましておめでとうございます。
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
16日に、関西支部の新年互礼会を致しました。
七種粥とお雑煮で新年を祝いました。
寄せ書きを送らせていただきます。合掌
 関西支部 支部長 坂本法燈  九拝
    (代筆 絶学)

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8)

みえ津久居,

静座と茶禅一味の会
(1/26)のお知らせ

 

人間禅みえ四日市禅会では1月26日()、 津市久居新町1058-3;
人間禅津久居道場にて静座会とお茶会、及び裏千家の先生をお招きしての茶道教室(希望者のみ)を開催します。
また、本ブログの別ページに坐禅についての解説や効用が掲載されております。坐禅、茶道などに興味のある方は、是非ご参加ください
初心の方大歓迎!!

日時: 1/26(土)10:00 – 15:00

場所: 津市久居新町1058-3  人間禅津久居道場

道順;近鉄久居駅下車駅前通りを国道156号線交差点方向に徒歩7分、右に50m入る;
クルマでは東名阪道久居インター下車、国道156号を国道23号方面に5分走行、近鉄袴橋直前交差点で近鉄久居駅方向に右折して1分、徒歩で左へ50m入る




人間禅津久居道場

会費: お茶の稽古参加者は1000円

 その他昼食や静座に参加される方は別途1000円

日課:10:00            集合

10:00 – 12:00      静座、作務

12:00             昼食

13:00 – 14:00      静座・お茶会

14:00 – 15:00      お茶の稽古

15:00            後 片付け後解散

途中または部分参加可。お気軽にご参加ください。
三重四日市禅会長 田中太玄

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8)

人間禅茨城道場互礼会に行ってきました 


 

明けまして おめでとうございます。今年は、二年ぶりに茨城県潮来市の人間禅茨城道場・潮来日本文化研修道場の新年互礼会に行って参りました!元旦、スッキリ晴れわたり、往路、新幹線からは初富士が拝めました。
人間禅茨城道場は日本文化研修センターとして地域にも解放されています。自然を生かした庭はビオトープ門から禅堂やお茶室、隠寮に続く道は踏み石で、ひとつひとつ端正に並べられ、禅堂もキッチンも広々、
まさに禅の研修センターとして抜群♪老若男女問わず、更に活用されるべきだと思います。
近くの、白鳥の湖に立ち寄り、禅道場に到着したのは午前10時前、木漏れ日をうけながら、お茶会が始まる11時半まで道場内、庭園内散策と落ち葉かき作務。数息観もしながら。
お茶会では、表千家の先生と総裁老師がお点前、お茶の先生は小学校教諭を退職された後、宮司を任されてみえるとの事で、一番忙しい時期ではありましたが、駆けつけて下さったとの事でした。
総裁お手製の茶碗、「かわくじら」のお披露目も。(この茶碗、数日後には、名古屋の龍光庵老居士のもとへ6日の名古屋の互礼会に向けて)
お茶菓子は、干支に因んで、猪の刻印がされている。

懇親会では、会員が持ち寄った手作りのお節が並び、さらに、日本海の寒ブリや鯛のお頭、七面鳥の燻製、愛媛・伊予松山、松幸農園のミカン、水戸の原木椎茸、各地の名酒等々山海の珍味が並ぶ、全国区にわたる人間禅の総裁のおひざ元、人間禅茨城道場ならではのご馳走である。各自の近況報告や今回はやむを得ず参加が叶わなかった会員を懐かしむ話になっても、多種多彩な職業や身分のかたがたの人柄の話が愉しく、お酒も食もすすみ、和やかな会となりました
16日から20日は豊橋市の金西寺で、総裁老師がご巡錫され豊橋禅会新春本格坐禅体験会(摂心会)が厳修されます。
是非家族ぐるみでご参加下さいませ。恒例のお餅つきも行われます。
19日(土)は午後から講演会、静坐、参禅のあと、懇親会になります。新年の幕開け、どなたさまも、良い一年になりますよう
金西寺への初詣を兼ねて、ぜひ、奮ってご参加下さいませ。
初心の方大歓迎!!
 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4)
第9回豊橋本格坐禅体験会(摂心会)のお知らせ
 
日時:平成31年1月16日(水)~1月20日(日)


 
人間禅豊橋禅会」では第9回豊橋摂心会を開催します。
臨済宗の正脈の師家を拝請し参禅し古来からの公案によって転迷開悟を図ることが
できる摂心会で、一般社会では単なる座禅と認識されていますが正脈の師家への独参
老若男女、学生さんからお年寄りまで、座禅は初めてという方にも親切に初歩からレクチャー
致しますのでお気軽にご参加お待ち申し上げます。
 
119日(土)午後2:30より講演「コーチング・
スキルをインプロ(即興)で体得」

 
講師;原絹代(白蓮)クリエイト代表 
 
初めての方の参禅とは
我々人間禅の総裁老師・葆光庵丸川春潭老師が1人1人面談の上
参禅願を提出し独参を許され公案を頂きその見解を呈して深浅邪正
を判別の指導を頂きます。
日時;平成31年1月16日(水)午後18時より1月20日(日)12:00まで
会場;豊橋市下条東町古城82 
金西寺(こんさいじ)(ファミリマート下条東町店徒歩5分)
お問合せ先
高田 090-8420-2255
遠藤 090-2009-7591
中居 090-5452-3534

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8)