メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
カテゴリ一覧

ブログ - 「3月の俳句」 坐禅会の直日日誌より

「3月の俳句」 坐禅会の直日日誌より

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2017/3/11 11:23

 
「3月の俳句」坐禅会直日日誌より③ 岐阜支部第120回摂心会報告

摂心会第四日目

平成29年3月4日 晴れ 気温9度
5時半ごろ辻整さん入山。静坐・参禅・・・竜安、辻整 9時ごろ真道入山。老師よりご指示・・・掲示板の鍵を名古屋道場の自観居士?より譲り受けて早急に開け、掲示物の更新を少なくとも毎摂心会前にやること。隣の見性寺お庫裏さん、天津風の院長先生、旧村長さん、旧村会の皆様、大野地区の方がたのお茶席招待も来年度から復活すること、また、お茶のご相伴の日課を鋭意復活する。当直日誌(ノート)の記載を復活しないと、当直当番の引き継ぎができない。
午前作務・・・真道(典座、事務)、竜安(侍者)、辻整(堂内清掃)静坐、参禅・・・真道、竜安、辻整
午後作務・・・真道(典座・事務)、竜安(侍者、堂内清掃) 静坐・参禅・・・真道、竜安
開枕・・・真道、竜安、玄信 芳光、熊谷日向子、熊谷聖羅

 
隠寮、茶庭の獅子嚇しと開花目前の薄墨桜(桜の開花は岐阜洞戸坐禅道場では例年4月上旬です)
 
<懇親会・俳句会>・・・金剛庵老師、真道、竜安、玄信、芳光、日向子ちゃん、聖羅ちゃん
<幼児・小学生の部>
4点句
みんなでね おべんとたべる おいしいや          聖羅(6歳)
3点句
せつぶんの おにもおそれる お兄ちゃん           日向子(小二二句)
食べれるの 干したしぶがき 捨てられず           
ジェンガがね ゆらっとゆれる あぶないよ          聖羅
賞状を はじめてもらう すごいよね              日向子
1点句
おにいさん おべんとたべて あそんでよ           聖羅(四句)
<選外>
絵の具のね 春色きれい ほしいよね             
おとうさん いっしょにあそぼ ドッジボール          
おねえさま おそとであそぼ おにごっこ            
時計はね 時間知らせる すごいよね             日向子
 
<成人の部>
3点句
しし肉をみんなでつまむ俳句会                 要道
2点句
道端の花もにっこり日も永し                   竜安
青竹が春水弾く鹿威し                       要道
梅香る山あいの木々に鈴響く                  真道
1点句
春場所は希勢のん荒れの砂嵐                 要道
キラキラとサラサラせせぐ長良川                竜安
啓ちゅうに見つけた虹は床の上                 芳光
櫻咲く一年生は我が子かな                   竜安
人形(ひとがた)を流して温む長良川             要道(二句)
しし肉を手土産にして弥生人 
梅咲いて一輪ほどの汗をかき                 竜安
あたらしい山笑う日に友来る                  要道
牡丹鍋ありがたきかな韶春氏                 竜安(二句)
吟行や背中が温む昼さがり             
白い息真っ赤なほっぺに春の雨               芳光
道友の笑顔が浮かぶボタン鍋                真道
選外
洞戸山春うららかに風薫る                  竜安
鷺立って水鳥泳ぐ美濃うまし                 要道(四句)
酒恋し美濃和紙の里流し雛 
板取の水温む日に友送る 
雲もなし洞戸大野の春嵐 
典座の湯気を漂うウグイスの音              真道
温き日に吟行するや我一人                竜安
雲晴れて洞戸の天地山笑う                要道(二句)
春疾風(はやて)山寺めざしレッドカー 
林道の鳥も雪もが春を待つ                玄信



  坐禅する二宮玄信居士(2017・例年より寒い弥生三月早朝、岐阜洞戸坐禅道場で)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (52)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://nagoya.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/936