メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 9月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
カテゴリ一覧

ブログ - 太玄通信(9月)暑さもやっと一息です

太玄通信(9月)暑さもやっと一息です

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2019/9/3 23:52

太玄通信(9月):暑さもやっと一息です

 

 

お盆をすぎてやっと暑さも一息ですね。

昨日は人間禅名誉総裁老師、名古屋道場担当師家龍光庵老師、三重禅会担当師家金剛庵老師、久居倫理法人会田中会長さん、東京支部の玉道居士を囲んで、人間禅津久居道場・久居日本文化研修道場開きを祝い、近鉄久居駅前の伊勢湾海鮮料理「はる家」でみえ四日市禅会一同、懇親会を催しました。

小生は、6才になる娘を連れて参加したため、夜8時には切り上げ四日市の自宅へ電車で帰宅しようとしました。

 ところが阿には駆らず、近鉄名古屋線は人身事故により運転中止。待てど、暮らせど電車は動きません。待つこと1時間半、ようやく運転が再開され、電車に乗り込もうとすると、娘がトイレを催促する始末。電車内のトイレを利用することも考えましたが、再開直後の満員電車ではそれもむつかしかろうと思い、駅でトイレを済ませ、次の電車を待つことに。しかし、次の電車がこれまたなかなか動かない。結局22:30位に電車に乗ることができました。帰宅したのは深夜12時近くで、鬼の形相でまつ妻に平謝りの一日となりました。

  

今日の事故によって、依然と減らない東海地区の輪禍による死亡事故や高止まりする全国年間自殺者3万人の数字が架空のものでない実感に襲われた1日でもありました。

どちらも人間の心が荒廃し、崩壊していく過程にあって、特に日本の少子高齢化、児童虐待などと根は同じように思われてなりません。

子供の教育で思うのですが、日本人は子育て、家庭、学校教育において、幼いころより他家の子と比較し、そう劣っていないことを大切にし、それがすべてで、満足しているように思います。その結果いつの間にか成長しても、常に他人と比較し、他家との優劣をもっとも大切な基準、価値観としているような気がします。洪水のような現代の情報化社会の波の中で、あらゆる面で他人と自分の比較にしか価値が見いだせない習性に囚われ、いつしか心のバランスが崩れてしまうのかもしれません。

敷衍すれば、世界の政治、経済、文化、などあらゆる面でもいえる傾向ではないでしょうか。他との比較を断つばかりでなく、自と他の畔を切ってこそ開かれる道があり、在家の禅、大乗の禅にそのツールがあることを、知ってもらいたいと思うのです。9/28は津・久居の 人間禅津・久居道場・久居日本文化研修道場で、9/29は四日市総合会館にて参禅会を行います。初心の方々、問題意識をお持ちの方々是非いらしてください。お待ちしております。

 

(みえ四日市禅会長 田中太玄)

 
 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (24)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://nagoya.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1774