メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 6月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
カテゴリ一覧

ブログ - 社会活動の中で効果を発揮、坐禅の効用㉞

社会活動の中で効果を発揮、坐禅の効用㉞

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2019/5/29 21:39

社会活動の中で効果を発揮、坐禅の効用㉞

 衆生(一般の社会人)は功徳を渇望しているのです。
こういう事事無礙法界の社会の巷間においては、人間形成を積み、禅の功徳が必要不可欠であり、人間社会の中でこの人間形成の禅は、無限大にその功徳を発揮できるのです。
 ここに取り上げた禅の功徳は、ほんの一部の事例でしかありません。応病施薬という言葉通り、新しく発現してくる病もふくめて、効能を発揮します。
 ネガティブな病の超克とかいうことでなく、もっと自分の能力を向上していきたいというポジティブな面でも、いろいろな職業においていろいろな社会活動の中で、人間形成の禅は効果を発揮し、さらに大きく深く人間社会を発展させる可能性をもっています。
禅は学問ではありません。知るということでは人間形成にはなりません。最初から最後まで行を伴う実践で三昧を身につけるものです。(丸川雄浄著「坐禅の効用」より)


 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (26)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://nagoya.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1674