メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 11月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
カテゴリ一覧

ブログ - みえ津久居日曜坐禅会ご報告

みえ津久居日曜坐禅会ご報告

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2018/10/30 15:21
四日市禅会の芳光です。

10月28日(日)午後4時からの、みえ津久居日曜坐禅会のご報告です。今回は富田薬師寺の土井唯照庵主がはじめて参加されました。庵主様は今年の8月の洞戸坐禅道場の「がんと坐禅」の講演会、9月の名古屋中小田井の「名古屋で夜一番遅い坐禅会」、10月の第12回名古屋禅道場摂心会(本格坐禅体験会)、「四日市ときわ水曜静坐会」に引き続いての坐禅会・静坐会歴参でした。津久居日曜坐禅会のメンバー四家族子供メンバー(本静坐会の子供会員はすべて小学生のため、坐禅会出席は親子同伴が慣例化)のために「心を育てる子供仏教塾 ブッダがせんせい」、「元気いっぱい 立腰の子ら」の二冊の子供にもわかりやすい絵本と、腰骨をたてよう!のポスターを寄贈頂きました。
この日は、庵主さん、いつもの耕岳さん、櫻井親子、熊谷親子と9名で坐禅後、点てだしのお茶で一服。以後庵主様のほぼ独演会となりました。
以下、庵主様のお話のあらすじ、、、、、(この殺伐とした悲惨な社会を何とかしなければ‼との熱意から、お話も19時近くまで白熱しました。)
夫婦や家族、ご近所不和などのご相談を受けることもこの歳ともなれば幾度となくあり、また、地域の子供達にも、小学校や学童を通じて積極的に関ってみえたご経験からスタートし、櫻井ママの知人の、命の電話のボラんティア相談、のご回答又、先日庵主さんが出向かれた、四日市での男女共同参画センター主催のDVの講演会でのお話とそれについての、ご自身の主張など、現場の方々は受け皿ばかりを用意して、事後対応に追われ、いくつもの支部を作りシェルターを確保し、保護をしなければ!と躍起になっている。その実行力は尊いものがあるが、もっと根本的な心の問題に真摯に取り組まなければ解決には程遠い、
人, 壁, 室内 が含まれている画像

高い精度で生成された説明
女性には女性の仏道が必要とのお話にやがて発展。又、某市役所には、大人が変われば子供も変わる‼と垂れ幕が下がっているが、どうか変わるのか?の方法論がない!例えば坐禅をみんなでしよう!!とか、念仏を唱えよう!などの行が必要なのに!!とも。さらに、世界で最初に絶滅する人種は日本人だというショッキングな研究結果を某同盟国が内々で発表準備しているなどの怪情報。更に、最近の個人的テーマとしては日頃の「坐禅という行による三昧力を養う訓練の必要性」から、グローバルな国際政治、経済の視点にまで広がる。又、庵主さんならではの、女性と男性の性の違いから、根本的に違う生物であることを自覚し、人間形成の道は一つでも、夫々の性を生かした理解、方法も必要とも・・・・。

 
さて、津市久居では、毎週日曜1600~日曜坐禅会を励行していますので、いつでも、どなたでもお気軽にお越し下さい、茶話会も楽しみにしています☆
次回の人間禅東海の摂心会(本格坐禅体験会)は名古屋市中小田井願王寺にて11月14日〜18日まで開催されますよ!是非この、またとない機会をお見逃しなきようにご参加下さい‼初心の方大歓迎!!

 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (68)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://nagoya.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1471