メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
カテゴリ一覧

ブログ - 野ざらしを心に風のしむ身かな、禅者芭蕉読本㉕

野ざらしを心に風のしむ身かな、禅者芭蕉読本㉕

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2018/6/5 22:09

深川芭蕉庵八百屋お七の江戸大火で焼失禅者芭蕉読本㉕
 

天和二年(1682年)12月28日、芭蕉39歳、江戸の大火で芭蕉庵が消失し、甲斐国谷村高山傳右衛門宅に翌年5月まで寄留する。

翌年、江戸大火にかかわり、八百屋お七処刑される、享年16歳と年表には掲載。

天和三年6月20日、芭蕉40歳、母(百地―桃地氏の娘)死去。享年不詳。法名、梅月妙松信女。

9月、山口素堂、「芭蕉庵再建勧化簿」文を書き、芭蕉庵再建の募金開始。

同年冬、友人知己の喜捨により、新築された芭蕉庵に移る。

天和四年(1684年)1月、芭蕉41歳、門人千里((粕谷甚四郎)を浅草に訪ねる。「海苔汁の手際見せけり浅黄椀」

2月、年号を貞享に改元。

貞享元年(1684年)8月中旬、41歳の芭蕉は門人千里を伴い「野ざらし紀行」に出発。

東海道を西に向かい、伊賀・大和・吉野・山城・美濃・尾張を廻った。

再び伊賀に入って越年すると、木曽・甲斐を経て江戸に戻ったのは貞享2年(1685年)4月であった。

美濃国大垣の木因に招かれて出発したものであったが、前年に他界した母親の墓参をするため伊賀にも向かった。

この旅には、門人の千里(粕谷甚四郎)が同行した

紀行の名は、出発の際に詠まれたざらしを心に風のしむ身かな」
野ざらし紀行の一文。
腰間に寸鉄をおびず、襟(えり)に一嚢(いちのう)を懸けて、手に十八の珠を携ふ。僧に似て塵(ちり)あり。俗に似て髪なし。我僧にあらずといへども、浮屠(ふと)の属にたぐへて神前に入る事をゆるされず。  
 刀は差していない。数珠を持ち僧の格好はしているが俗世間の塵(ちり)にまみれている。 世俗に生きてはいるが髪はない。僧形(そうぎょう)にして僧にあらず、士農工商の身分からは自由だが、格好だけはなぜか僧。しかし、芭蕉のこのような僧形は「野ざらし紀行」以降のこと。「僧にもあらず俗にもあらず」(鹿島紀行)、「
僧に似て塵(ちり)あり。俗に似て髪なし」(野ざらし紀行)と自らいう。

芭蕉は聖にあらず、俗にあらず一介の旅の俳諧師であったのか、後年には仏頂禅師の法を受け継いだとの禅宗妙心寺派の法系に関する文書も残されている。


大津、義仲寺の僧形芭蕉像、杉山杉風作,  芭蕉が従事した水道工事現場付近

(みえ四日市禅会俳句部)
参考資料、竹人「全伝」、竹二房「芭蕉翁正伝」、穎原退蔵「芭蕉」、、「芭蕉総合年表」、フリー百科事典
関口芭蕉庵HP

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (97)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://nagoya.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1349