メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 8月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ一覧

ブログ - 最新エントリー

オール東海岐阜洞戸本格坐禅体験会始まる

 

オール東海岐阜洞戸本格坐禅体験会始まるオール東海岐阜洞戸本格坐禅体験会始まるオール東海岐阜洞戸本格坐禅体験会始まるオール東海岐阜洞戸本格坐禅体験会始まる オール東海岐阜洞戸本格坐禅体験会始まる

 

オール東海岐阜洞戸坐禅体験会が岐阜県関市洞戸大野の人間禅岐阜洞戸(旧東海坐禅道場)道場で、817日(土)第一日目、 15;00時準備作務19;30結制茶礼の日課より、夏休み中の子供達、保護者など大勢の参加者を集めはじまりました。

818日(日)第二日目は5;00起床、5;30静坐、6;30参禅、7;00お茶席 、7;30朝食、8;30作務、10;30静坐、11;30参禅、12;00昼食。

14;00時からは、講演会「チェンジ・ユー」、講師葆光庵丸川春タン名誉総裁老師の講演会が行われ、その後、15;15分からは、活発な質疑応答や希望者による葆光庵老師への個人面談などが行われ、その後16;00静坐、17;00参禅、18.00夕食、19;30分より、龍光庵蓑輪清凛老師の提唱、講座後には静坐、参禅、真向法体操など、就寝22;00まで、2日目の日課が参加者によって、白熱の参禅弁道が行じられました。
 本格坐禅体験会は更に、25日(土)まで行われます。
初心の方大歓迎!!皆様のご参加をお待ちしております!!
岐阜禅会長・渡辺玉蘭
 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (0)

「禅者・芭蕉」・・・池辺の蛙一躍して水底に入る


はじめに、世界的詩人として、又、俳諧の大改革者としての芭蕉を論ずる事は私には到底不可能だが、禅者としての芭蕉の片鱗を禅の立場から垣間見ることは、
或いは許されるのではないかと考えて話を始めたい。
 古池の句について 芭蕉の俳句で最も有名なのは、例の <古池や蛙飛びこむ水の音>
であろう。日本人ならこの句を知らぬ者は居るまい。特に芭蕉が蕉風に開眼した句として有名である。だが同時に、これほど謎に包まれた句もまた少ない。
 古池に蛙が飛びこんで水の音がした。この句のどこが名句なのか? どこが蕉風開眼なのか? 誰も知らないし、誰も分からない。
 ここに一つの逸話がある。慶応4年に俳人春湖によって書写刊行された『芭蕉
翁古池真伝』で、禅の立場から見て面白いので紹介しょう。
 
「禅者芭蕉」池辺の蛙一擲して水底に入る
 [仏頂和尚、芭蕉を訪わんとして、六祖五兵衛(五平とも)を供に芭蕉庵に至り、五兵衛先ず庵に入り、「如何なるか是れ閑庭草木中の仏法?」と。芭蕉答えて曰く、「葉々大底は大、小底は小」と。それより仏頂門に入り、「近日何れの所にか有る?」。芭蕉曰く「雨過ぎて青苔を洗う」。又問う「如何なるか是れ青苔未だ生ぜず春雨未だ来らざる以前の仏法?」その時 池辺の蛙一躍して水底に入る。
音に応じて「蛙飛びこむ水の音」と答う。仏頂これを聞いて「珍重、珍重」と。]
  問答はこれだけだが、仏頂が帰ったあと、芭蕉はそこに居合わせた杉風其角らに上の句を置いてみよと置かせてそれを聞いてから、我はこの庭のままに「古
池」と置こうと云ったという。
(井本光蓮著「禅者・松尾芭蕉」より)
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3)

二、初関透過(見性)と学生運動、坐禅の効用㊱


 大学一年になったら入門したいとお願いしていましたが、その当時耕雲庵老師は胆嚢炎を患っておられ、予定の摂心会がどんどん遅れて結局十一月のはじめにその年度の最初の摂心会がずれ込み、大阪大学の文化祭とかちあったために、入門してすぐ大阪にひきかえさなければならないタイミングで入門させていただきました。
 入門してすぐいなくなったと直日(じきひつ)以下の支部の幹部が老師から大変叱られたということを後日談として聞きました。
 しっかり禅の修行(参禅弁道)に取り組んだのは、
それから五か月後の春休み(大学一年の春休み、昭和三十五年三月)で、先ず神戸の会下山(えげやま)善光寺で開催されていた阪神支部の摂心会に結制(けっせい)から円了(えんりょう)まで詰めきりで参加しました。

当時阪神支部の担当師家は磨甎庵白田劫石(ませんあんはくたごっせき)老師でした。

春休みなので千葉県の松戸五葉塾の学生も数名来ていました。

阪大の一年先輩で経済学部の松浦月汀さんも未だ見性前で一緒に夜坐もしました。

足は痛いけれど気持ちがめげることはなく頑張ることは出来ましたが、初関透過(しょかんとうか)はできませんでした。

しかし自分では多くの問題を解くのではなくひとつの問題に集中すればいいのであれば何とかなる、大丈夫だと何の根拠もないのですが最初から自信を持っていたように思います。

そして円了後の懇親会で半分くらいまで行けたと自己評価の発言をして、磨甎庵老師に「全然だめだ!」と叱られたことを覚えています。

 

(丸川雄浄著「坐禅の効用」より)

 
 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5)

人間形成と禅

    輪読会のご案内

「人間はどうあればよいのか?」
「人生をどう味わうべきか?」「本当の宗教とは?」

 

これら重大かつ根本的な問題に真っ向から取り組み、最終的に禅の修行によって「人間形成」の目的を達成する道筋を鮮やかに描きだした、まさに人間禅のバイブルです。

人間禅での修行を開始した方やこれから修行したいと思われる方、あるいは禅の修行そのものに関心のある方は是非ご参加ください。

人間禅総裁老師始め老師方も参加されますので、何でも質問していただいて結構です。禅についてご一緒に学んでいきましょう。希少な機会を是非ご活用下さい!!


「人間形成と禅』輪読会発足にあたって     

人間禅名誉総裁 葆光庵丸川春潭

 

 この著書は人間禅第一世総裁である耕雲庵立田英山老師が、『立教の主旨』が宣布されてから 10 年間構 想を積まれて出版されたものであり、人間形成の禅とはどういうものなのか、すなわち「人間禅」とはど ういう会なのかを世界に開示された著作であります。 その当時の会員(会員番号が 400 番未満)は全員、座右と書かれた右に自分の名前も書かれた老師署名 の『人間形成と禅』をいただきました。小生もまだ道号のない本名を書かれご著書を頂きました。エピソ ードですが、その当時の旧参の者が所用で老師に相見した際、老師から座右と書いて渡しているのに鞄の 中にこの本を入れていないと厳しく叱られたことがあったようです。ことほど左様に耕雲庵老師は、人間 禅の会員はこの『人間形成と禅』を常に生活の規範にしてほしいと願われていたのであります。 小生が総裁になっての最初の年頭の垂示(平成19年1月3日)において会員の皆さん全員に、この『人 間形成と禅』をもう一度読み直すようにお願い致しました。しかるにそれ以降に入会した方は既に 450 余にのぼり、この垂示を直接聞いていない方の方が現在の人間禅では多くなっているのです。 座右の教えをしっかり将来に引き継ぐために、青年部が中心になって人間禅の原点たるべき『人間形成 と禅』を読み且つ味わう勉強会を立ち上げてほしいと先日お願いし、禅セミナーの一コマに入れさせてい ただいた次第であります
【開催日】  2019年9月28日(土) 【時  間】  午前8:45~9:45 (受付 午前 8:30開始)  【費  用】  ,000円(書籍代別途)。 【持ち物】  書籍『人間形成と禅』をご用意下さい。       *会場でも頒価 2,100 円でお求め頂けます。 【場 所】  擇木禅道場 日暮里駅南口徒歩3分 東京都台東区谷中 7-10-10  TEL/ FAX:0338237647       【担当者】 折原英風、浅川翡翠       【問合せ】 contact.young@ningenzen.jp
 


 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8)

名古屋禅道場(支部)・豊橋・知多禅会後期予定

名古屋支部・豊橋禅会・知多禅会 合同摂心会

 17 91923会場:南知多町 大宝寺)担当師家:葆光庵丸川春潭老師、副担当師家:龍光庵蓑輪清稟老師

 

18 12813 会場:名古屋市西区 願王寺、担当師家:葆光庵丸川春潭老師、副担当師家:龍光庵蓑輪清稟老師

 

19 令和2348会場:南知多町 大宝寺、担当師家:葆光庵丸川春潭老師、副担当師家:龍光庵蓑輪清稟老師


名古屋市中小田井・ 願王寺での

名古屋で夜一番遅い坐禅会

87日(水)より再開

 

坐禅ナビゲーター
 
人間禅名古屋支部・豊橋・知多禅会後期予定
右)『人間禅』名古屋禅道場長 原 白蓮(道号) 名古屋市西区にて、摂心会(坐禅修行の5日間)を年間通じて期間開催。 WAM・クリエイト代表 絹代(本名) として、コーチングとカウンセリングを ベースに、人材育成・組織作り・街づくり の研修やワークショップを展開。 学校現場ではキャリア教育名古屋市他にて スキルアップ講座等企画実施と幅広く活動。 名古屋モード学園にて、8年間夜間着付け授業を担当。 アキタ()社外監査役。 今年4月より事業構想大学院大学名古屋一期生として在学中。

左)『人間禅』知多禅会長 河口玉風(道号) 名古屋市西区、及び南知多町、大宝寺にて、摂心会(坐禅修行の5日間)を年間通じて期間開催




 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9)

女性と禅

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅東海岐阜・三重 2019/8/16 6:12

 女性と禅女性と禅を読む

 

令和元年9月28日(土)に開催される女性部主催の読書会について、ご案内申し上げます。5月から、『女性と禅』清水芳巌著を読み始めました。

この書収めるところの女流三十人は、いずれもその心の玉を磨き、その内面からかんばしさを匂わせたというところの真の美人でないのはない。・・・・仏道極妙の法則としては男女同一である。男子禅だの女流禅だのと、別々な

禅が言われるはずはない。・・・みな一様にこの禅海に浴し、いずれもひとしくこの妙味を受けることができねばならぬものである。(序文より)

これから読み進めていく『女性と禅』で、どのように心の玉を磨いた真の美人にお会いできるかが楽しみです!!読書会には葆光庵老師が出席され、禅の真髄に迫るお話しを伺うことができます。女性に限らず男性の方でも、初めての方でも参加できます。多くの皆様のご来場を心よりお待ちしています。

午前   9:45 受付  午前 10:00 読書会

午前 11:10 坐禅 午前 11:40 参禅

午後  0:10 終了予定

 会  費 :1000円(テキスト代を含む)を申し受けます。

   連絡先 :進藤慧玉(090-5323-5307  email : chieko-s@sj9.so-net.ne.jp

  場  所 :人間禅擇木道場(TEL:03-3823-7647) 日暮里駅南口3分

 

 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10)

第207回熱海岳南道場摂心会

本格坐禅体験会)のおしらせ
熱海岳南道場本格坐禅体験会開催のご案内坐禅の効用⑩熱海岳南道場本格坐禅体験会開催のご案内熱海岳南道場本格坐禅体験会開催のご案内

            

残暑の候、風光明媚な国際観光都市熱海市上多賀の岳南坐禅道場。早朝5時から夜10時までの坐禅三昧の記念すべき令和元年幕開け、4泊5日のかけがえのない摂心会(本格坐禅体験会)です。
坐禅を行じることで、日常をリフレッシュ
現代は、様々な情報が目から耳からはいってきます。最新の脳科学でもその効果が実証されている坐禅と数息観の時間を生活に取り入れることで、日頃の鬱傾向、ストレスや悩みから離脱して、本当の自分と向き合える時間を作ることが出来ます。最近各方面で身心をリラックスさせて気持ち新たにそれぞれ各自の直面している課題に効果的に取り組む方々も増えて
禅の真の醍醐味とは?
一般社会では「禅=坐禅」と認識されていますが、本来禅修行の醍醐味は、特に人間禅では在家のままで臨済宗の正脈の師家に参禅出来る事です。公案(*1)を通してお釈迦様の悟りを追体験(*2)することでお釈迦様の悟りをしっかり体得することが出来ます。(*1:禅の師家と修行者が顔々相照らして腹蔵なく禅問答をする)
(*2:自分の体験として再現、自覚する)
●早朝5時から夜まで坐禅三昧の7日間、期間中は静坐(坐禅)参禅作務を通じて、在家のままで(出家せず)本格的な禅の修行ができる機会です。(人間禅は在家禅です)1日のみの参加も可。初心の方、大歓迎!!

日時:9月4日(水)15;008(日)14:00

会場:〒413-0101 静岡県熱海市上多賀1022-3人間禅岳南道場
師家:人間禅師家 金剛庵要道老師  提唱:無門関
会費: 参加費  学生 無料  一般 2000円  主婦 1000
食費  300/1
お問い合せ、申込み先 間瀬(菓子舗):0557-67-0111
会期中連絡先: 岳南禅道場 TEL0557-68-3062
 

主な日課

〇 結制日 9/4(水)     
集合・準備作務 15:00
夕食      18:00
結制茶礼    19:30
静坐
参禅
開枕      22;00
〇 通常日、日課(4日~8日)  
起床      5;00        
静坐      5;30        
参禅      6;30        -
ラジオ体操
お茶席
朝食
作務      8;0        
静坐      10;30        
参禅      11;30        -
昼食      12;30        
作務      14;30       
静坐      17;00      
夕食      18;00      
講本下読み   19;00     
講座(提唱)  19;30              -
講後参禅
開枕(就寝)  22;00        
〇 8日(日)円了日(最終日)は11;30 参禅、までは通常日、日課(参禅後は直ちに円了茶礼;終わりの式、記念撮影、昼食、後片付け)
14;00
 解散。 


 
 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (15)

みえ四日市禅会摂心会でのスナップ写真です




 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (14)

令和みえ四日市禅会盛夏摂心会ご報告

R元年 7/31()8/4(日)の会期で三重県津市久居新町1058-3 人間禅三重津市久居坐禅道場 日本文化研修道場にて、担当師家金剛庵粕谷要道老師、田中太玄禅会長、小川韶春副会長、熊谷ファミリー、岳南支部より入門者の鈴木居士参加の下、三重四日市摂心会、坐禅、参禅体験、茶禅一味、古武道体験会が開催されました。暑さ厳しい中、鈴木居士は黙々と作務、看板製作、毎朝のお茶のお相伴には亭主として、熱心に参加されていました。会員一同、捲土重来、緊褌一番せねば!?

 

 

 

 

 

 

写真はお点前をする鈴木さんと作務での作品

 

親子茶禅一味では、大人5人、子供6人、小川副禅会長指導の下、坐禅体験、老師面談、参禅体験、裏千家宗匠小林宗房先生より、歩き方、礼の仕方に始まり礼に終わり、お茶の点て方、頂き方を、ご教授、順番にお稽古。その後の食事の作法も、慣れない手つきのまま終了、又次回へ継続です。夜は久居の花火大会で賑やかな中で懇親会となりました。親子古武道教室では、大人4人、子供6人、インストラクターの小川韶春さんが用意してくれた木刀、竹刀を手に、ヤ―ッ!気合を久居駅前公園、東屋の青空いっぱいに響かせていました。次回津久居1泊参禅会は9月28日、29日です。皆様の大勢のご参加、お待ちしています!
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (18)
まさか、本当にやっちゃうんだ、夢じゃないんだ! 小福山☆夏の終わりの初体験in 名古屋!
日 曜 道 場 座禅 !!集団
日曜  4時 あさ
(東区東桜 妙泉寺)
坐禅の効果・効能 1.武士たちのリーダーシップ研修で出合った禅。 坐ることで本来の自分と向き合う静の時を持ちます。 2.数息観で息を数えることに集中すると、前頭葉が 使われて頭頂葉のロジック思考を休めスッキリします。 3.禅修行を習慣化すると、 思考のオンとオフをコントロールできるようになり、 ブレない自分に向かいます。
【要項】
2019929
夕方
《日時》2019929日(日) 夕方4時~5時半頃 《会場》妙泉寺(名古屋市東区  右図参照) 《参加費》2,000円(当日現金支払い)     (小福山オリジナルおみやげ付き!) 申込方法・問合せ》各種SNSのメッセージ機能から、 お名前、ご連絡先を明記の上、直接小福山へご連絡下さい。 ・動きやすい服装でお越しください。 ・宗教イベントではなく自己啓発を目的とするものですので、  宗教、宗旨、宗派関係なくご参加いただけます。 ・坐禅ができない方でも無理なくご指導致します。 ・ふざけたチラシですが内容は至ってまじめです。
坐禅ナビゲーター

『人間禅』名古屋支部長 原 白蓮(道号) 名古屋市西区にて、摂心会(坐禅修業 の5日間)を年間通じて期間開催。 WAM・クリエイト代表 絹代(本名) として、コーチングとカウンセリングを ベースに、人材育成・組織作り・街づくり の研修やワークショップを展開。 学校現場ではキャリア教育名古屋市他にて スキルアップ講座等企画実施と幅広く活動。 名古屋モード学園にて、8年間夜間着付け授業を担当。 アキタ()社外監査役。 今年4月より事業構想大学院大学名古屋一期生として在学中。
【会場】
妙泉寺(名古屋市東区東桜2丁目16-43)
 
みんなで並んで この写真撮りたい!
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (19)